Tangled with・・・・・

何かが始まれば、また何かが・・・

d0042827_3563445.jpg
この一環のエキスビションやった。

'Kabul Through a Box' by Landry Dunand
d0042827_442618.jpg



d0042827_4534.jpg



d0042827_451913.jpg


フランス大使館の誰々さんの挨拶の後、
シャイなランドリーが・・・・、え〜、う〜ん、あ〜、と実にこそばそうに最後はフランス語でちょこっとご挨拶。

相変わらずの存在感のある緑のアフガンカメラがで〜んど陣取ってた。
d0042827_4313210.jpg



このエキスビションのオープニングで久しぶりの人たちに会う。

皆からお見舞いの言葉をもらい、人々の想いを頂いた。

この国で彼らも「津波」の思い出を持っている。

「何かをしよぉ!」声が上がっている。 何が出来るんだろう・・・・・、でも、近い日に何かが始まる。

彼らは涙を流していた。









d0042827_462633.jpg


d0042827_461351.jpg


d0042827_455562.jpg


d0042827_454291.jpg



夕方から雨に追っかけられた。一度は捕まったけど逃げ切った。エキスビション中、襲われたが家の中、

通り過ぎるのを待って家に帰ると、洪水やった。

靴を脱いでズボンを捲って汚い水の中を歩いて入った。

とっても冷たい水やった。


あそこはもっと寒いんやなぁ.........
[PR]
by takoome | 2011-03-15 23:57 | 一言日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/13141579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2011-03-16 09:56
普通の世界が夢のようです。
東京にいてさえ毎日停電情報に怯えトイレットペーパーがなくなったらどうしようと(売ってないから)、心配してます。
それでも毎日風呂に入れてご飯も食べてお酒も飲んでる(放射能に怯えつつ)のは5日間水も食料も届かないところで死を見つめている被災者からみたら天国です。
Commented by takoome at 2011-03-16 10:18 x
サワディ〜カ〜  佐平次さん
普通の生活の有り難さ、すぐに忘れるけれど・・・・、

いったい何をするんだろう、私は何が出来るんだろう、
前はレイジが歌って弾いてだったけれども、私には何が・・・