Tangled with・・・・・

紡ぐ日の決心

毎朝、起きたらPCを点けてトイレへ行く。スズカカの顔を拝みに行く。そしてニュースを見る。これが日課。
これが12日から変わった。ウチにはTVがないから、ほとんどの情報はネットから、英語は邪魔臭いから日本語ばかり、
滞りはするものの仕事はこなしているが、隙間の時間が全てPCの前。

私にいつ、何が起るかわからないけれど、今現在、私は元気です。
日本を思いつつ、以前に増しての時間を持とうと思います。


私の目の前には多くもないけれど、一人でこなすには沢山の羊の毛が紡がれるのを列をなして待っています。
私が始めました。やりとげたいと努力します。
そして、来年の「羊パレット2012」に向けてタイの毛も紡ぎ、編みます。


とは言っても、やっぱり、まだ、知らないことの多さに驚き徘徊している。
薔薇、または陽だまりの猫
ことが起る前から言われていても、人は想像出来ません。したくありません。
備えておかねばならないことを後回しにした結果が今、「過ち」は繰り返してはならないのですが、
全ての人が「過ちをおかした事実」を実感しないと止まらないでしょう、さて、どぉやって実感しましょうね、
ここから先は個人レベルの領域ですが、まずは「私」から、
   




d0042827_13552461.jpg

昨夜、バンコクの民主記念塔近くのお店で日本を思うチャリティーライブがあり、友は歌いました。
私はこれを聞く都度、涙があふれ、人の心なんて実に単純でぐちゃぐちゃなのを実感しています。





満月の夕(ゆうべ)

風が吹く港の方から
焼け跡を包むようにおどす風
悲しくて全てを笑う
乾く冬の夕

夕暮れが悲しみの街を包む
見渡すながめに言葉もなく
行くあてのない怒りだけが
胸をあつくする

声のない叫びは煙となり
風に吹かれ空へと舞い上がる
言葉にいったい何の意味がある
乾く冬の夕

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ たき火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 命で笑え 満月の夕

絶え間なくつき動かされて
誰もが時代に走らされた
すべてを失くした人はどこへ
行けばいいのだろう

それでも人はまた 汗を流し
何度でも出会いと別れを繰り返し
過ぎた日々の痛みを胸に
いつか見た夢を目指すだろう

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ たき火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 命で笑え 満月の夕

ヤサホーヤ 唄がきこえる 眠らずに朝まで踊る
ヤサホーヤ たき火を囲む 吐く息の白さが踊る
解き放て 命で笑え 満月の夕




当分、続けます。クリックのほどよろしくお願いいたします。
東北関東大震災 緊急支援クリック募金
なお、リンクバナーはこのサイトから


d0042827_18161453.jpg
東北地方太平洋沖地震復興支援 ワンクリック募金withメッセージ (マガシーク)


べたべたと、あちらこちらのサイトやブログにお張りくださいませ。







1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の惨状、復興への厳しい現実、それらに向き合おうとする被災地の人々の姿が歌い込まれている(震災当日の夜、満月がのぼっていた)。
関西に活動拠点を置くソウル・フラワー・ユニオンは、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットという別動隊バンドで、被災した阪神各地の避難所を数多く訪れて、慰問ライブを行っている(1995年だけでそのライヴの回数は百回を越えている)。ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬とヒートウェイヴの山口洋はかねてより親交が深かった。その中川に招かれて被災地を訪れた山口もまた、その惨状を目にして思わず言葉を失ったという。

同年2月10日、被災地の神戸で慰問ライヴ活動を開始したソウル・フラワー・モノノケ・サミットの中川が、2月14日、神戸市長田区の南駒栄公園で行ったライヴの光景を元に、山口と作った主旋律の一部に乗せて一気に書き上げた。その日の神戸の空には、震災から丸一か月の満月が浮かんでおり、最大余震の到来が噂される中、ライヴを観る被災者たちが口々に「満月を見るの、怖いわ」と言っていたのを中川が耳にしたことから、この唄は産まれている。(ウィキー)

そんなこの歌には記憶が閉じこめられている。震災の記憶、神戸の記憶、避難所の記憶、戦場の記憶……。それは一つの固定された記憶ではなくて、歌う者聴く者それぞれの中に刻まれたさまざまな記憶だ。そんな記憶を自然と呼び起こされるが故に、歌う者は自らの必然として歌い、また聴く者も自分の歌として胸に刻んでいくのだろう。ただ聴くだけの歌ではない。この歌を歌うみんなの心の中にそれぞれの"満月の夕"の記憶が見えてくる。(震災文化サイト抜粋)
[PR]
by takoome | 2011-03-25 12:38 | 今日のタイ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/13235262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hisako-baaba at 2011-03-25 23:29
タイもチェンマイのほうに地震があったでしょう。どうだったのかしら。

ぺたぺた貼るのどうやればいいのかな???
Commented by takoome at 2011-03-26 03:54 x
サワディ〜カ〜  久子さん
昨夜のミャンマーでは6.8でタイでも二人、500人余りが亡くなっています。

なお、リンクバナーはこのサイトからをクリックする。下へ行く。バーナーの下のはこの中に<a href ---- </a> これをそのまんま記事に貼付けると大丈夫、やってみてください。お願いします。

Commented by saheizi-inokori at 2011-03-26 09:12
最初、沖縄の戦後の歌かと思いました。切なく迫りますね。
Commented by takoome at 2011-03-26 10:48 x
サワディ〜カ〜  佐平次さん
震災文化サイト抜粋の文、正にそぉなのです。切ないです。