Tangled with・・・・・

う〜〜んと唸った手仕事

遠いとこ よぉ、来てくれはりました。;>


d0042827_092123.jpg
ラオスの首都ビエンチャンからやって来た大振りのコースター。ミシンより細かい手縫い。
もともとはビエンチャンから直線距離にして500km彼方、中国、ミャンマーと国境を接している北ラオスの町の
ルアンナムター(luang namtha)とゆう所からやって来た。
そこに住んでいるランテン族とゆう少数山岳民族が作った。
最近、南北回廊として道が整備され、国境の町のボーテンへ抜ける国道は舗装されたもんやから、
ルアンナムターは繁栄して観光客なんかも来てて、物価も上がって少数民族は多分離れた何処かに居てんのやろけど、

・・・ってことは土地のええもんは消えつつあるとゆうこと。


舗装された道に乗っかって、街の物がどんどん村に入り込む。
工場なんかに仕事に行きやすくなるし、お金社会に変わって来る。
どんどん細かい仕事は無くなって行くんやゎ、


一枚のコースターでいろんなことを考えてしまいました。



*「南北回廊」
ベトナム北部のハイフォン(Hai Phong)港から紅河(Song Hong, 中国ではHong He)に沿ってさかのぼり、雲南省の中心都市昆明(Kunming)へ。そこから南に向かって景洪(Jinghong)からミャンマー・ラオス国境となるメコン川を下ってタイの北の端に近いチエンセーン(Chiang Saen)またはチエンコーン(Chiang Khong)へ。チャオプラヤ(Chao Phraya)川流域に移ってチエンマイ(Chiang Mai)からバンコク(Bangkok)へ続く道。



今日は晴天の夜空で下が、明るいバンコクの夜空では天の川・・・見えへんかったなぁ、


追記:この布、無茶苦茶笑エネルギーがあるのです。勿論、私のお気に入りになって傍でお仕事してもらいました。
急にストレッチがしたくなって夜中に運動しまくりでした。そしたら、「肘の痛み」が怖くなくなったの、
で、思いついて、ソックスの先を切ってサポーターにして肘のあたりにコースターを入れたみた。どぉかなぁ、
当分、ここで働いてもらおか......、


え? 気休めって?  病は気からですから ;>





東北関東大震災 緊急支援クリック募金
[PR]
by takoome | 2011-07-07 23:58 | 一言日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/14022050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2011-07-08 10:51
イイですねえ、近くにおいて眺めたりさすったりしていたい。
Commented by handachin at 2011-07-08 15:11
何かしらのパワーがあるのですよ!
手から紡ぎだされたものには^^
あたしも腰に当てたいわ...
Commented by takoome at 2011-07-08 15:58
サワディ〜カ〜  佐平次さん
ただ今、肘にくっ付いてもらっています。私、元気です。;>
Commented by takoome at 2011-07-08 15:59
サワディ〜カ〜  はんだちんさん
見つけてください。きっと家の中にもエネルギーいっぱいつまったものが・・・、
あるじゃないですか、ちっちゃいもみじみたいな手、
なでてもらったら? 
Commented by handachin at 2011-07-08 21:06
最近、お風呂で背中を流してくれます^^
すごく嬉しい一時...
Commented by takoome at 2011-07-08 23:38
はんだちんさん
羨ましい・・・・、第一ウチにはお風呂がなく、シャワーだけです。
それに子供はでっかくなって出て行ったし、ま、そんな時代もあったってことで、;;