Tangled with・・・・・

『ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年』の旅立ち

d0042827_3215255.jpg


哲の弾くアイリッシュヴァイオリンが好きでした。


此奴、いろいろぐちゃぐちゃありましたが、終に嫁さんもらってアメリカに行きます。

明日です。

わがままな弟みたいな奴でした。何だかホッとしたよぉな、

嫁さんに「よろしく」と頭が下がります。苦労するやろなぁ、、、、



酒とヴァイオリンに明け暮れていた散々な時期にお弁当をよく作って、目の前で食べさせたり、

朝まで海鮮の屋台で飲み明かしたり,口喧嘩したり,いい思い出があります。




いい音をありがとう、


今晩の演奏で当分の「じゃぁね」でありました。















私は言わんよ,音がズレてるとか,テンポがどぉとか・・・・



フフフ・・・・、下手糞! なんてね、



一番気にしてることやったね,  確かに君の思っている通りの音になっています。


練習しましょうね,

[PR]
by takoome | 2012-06-01 03:33 | 一言日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/15959318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by skimama at 2012-06-01 21:02 x
いろんな場所でいろんな人たちとつながる・・・
貴女らしい。
ご縁の深さ、浅さ、尺度の深さ、波長の合う人とは何となく似てるよね。
いいご縁お大切になさいませ。
Commented by takoome at 2012-06-02 01:35
サワディーカー SKIMAMAさん
ええ友達とはいいがたい。でも、これみよがしに生々しぃ奴でした。
どをな歩き方をするのやら、みせてもらいましょう。
ほんま、いい音をだす奴でした。
またの再会を望みましょう。
Commented by yukiwaa at 2012-06-02 19:36
男前やなぁ~
男の子の旅立ち、でも、また会えるから良いですねっ。
Commented by takoome at 2012-06-03 00:16 x
いやぁ、頭も顔もでかい男です。しかも、アラフィー目前です。
ま、会えると思うけれど,何所で何が起るかわからないからね,