Tangled with・・・・・

是非、読みたい本

スイス政府「民間防衛」に学ぶ 
「スイスが永世中立国なのはわりと有名な話です。しかしスイスが軍隊を持っていることはご存知でしょうか?スイスは「軍事力の放棄」ではなく、「軍事力を保つ」ことによってその独立と平和を守っているのです。しかもそれだけではありません。常に独立と平和を守れるように、ここで紹介する「民間防衛」を、スイス政府自らが編集し、全スイス国民に配布していたのです。
 この本の範囲は、戦時中の避難方法から、占領された後のレジスタンス活動方法まで非常に多岐に渡ります。しかし、このサイトではその一部「戦争のもう一つの様相(P225~P272)」を重点的に取り上げてます。なぜなら、最近の日本と周辺国(中国、韓国、北朝鮮)の状況が、この本に記述されている「敵に武力以外による攻撃を受け、破滅へと導かれる状態」と非常に良く似ているためです。私は日本の独立と平和に脅威を感じたため、この本の内容を広く読んでもらえるよう、このサイトにまとめました。」とある。


この画像を見て目が点。正しく日本じゃないのか?






民間防衛―あらゆる危険から身をまもる [新書]原書房編集部 (翻訳)

[PR]
by takoome | 2012-08-25 12:36 | 一言日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/16690971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-08-26 13:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takoome at 2012-08-26 14:32
サワディ〜カ〜  鍵コメさん
ありがとう、ビックリでした。;>
元気になってきました。うじうじと停滞しても仕方が無い。
流れを大きく変えようと、12月は下息子の地へ行くつもりです。
ドキドキです。