Tangled with・・・・・

お話会

保養プロジェクト、一組だけでしかも、1週間と短いけれど、彼等の生活は聞いているだけでも充実している。
子供達には言葉の壁なんて無いに等しく、お母さんは学校の調理室で腕まくり、
そのお母さんに昨日、子供達の前で311で経験された事を話して頂いた。

d0042827_633547.jpg

震災直後、自分は、子供達は、お父さんがどのようにして帰ったか、仕事は、学校はなどなど、

タイの人は地震をほとんど知らないが、津波は知っている。ところが、放射能についてはノーアイデア。

最後に彼女は子供達にお弁当を持って行かせていると話した。
それをしているのはクラスに2、3人だけだと言う。その理由を聞いてみた。
少し放射能の話が出た。


d0042827_6163311.jpg
       ワイ(合掌)は見た事があるけど、こんなに大勢の子供達が正式な横座りしてのワイは初めて。



終了後、先生から色んな質問が来た。学童保育って? 放射能ってそんなに怖いん? 何故逃げない? 

津波とは関係はないけれど、タイにも「てんでんこ」と似た言い伝えがあるらしい。
彼方の知らない事、こっちの知らなかった事が少し埋まった。




その後、タイ料理「パッタイ」を習うと言うので、私は紫小タマネギを山のように刻むお手伝い、
d0042827_6204329.jpg


実は、私 この「パッタイ」と言う料理、ほとんど食べない。御飯のくせに有り得ん甘さです。

作って納得です。大量に砂糖を入れます。
自分流にすればといいんでしょうけど、やっぱり そこまでして食べたいとは思わないなぁ、


そんな事言って、ちょこっと頂きました。
d0042827_6264228.jpg










プロジェクトをやってよかったと思った一言。

いっしょに歩いていて、お母さんがぽつんと言いました。

「今の生き方がベストではないように思えました。」
[PR]
by takoome | 2012-08-29 06:36 | 今日のタイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/16710158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2012-08-29 09:36
甘さにも馴れたですよ、帰るころまでに。
Commented by takoome at 2012-08-29 10:17
サワディ〜カ〜  佐平次さん
私は作ってるとこを見ながらもっと引いて仕舞いました。;;