Tangled with・・・・・

誘惑

ほとんど抵抗できず・・・・・二枚目。


d0042827_1295355.jpg



弥生になって幸せ色のキッチンです。
[PR]
by takoome | 2013-03-01 12:12 | 一言日記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/17909114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mother-of-pearl at 2013-03-01 16:01
おめでとう!
イタリアらしい色合いも素敵!

大理石なら、直接この上でパイ生地やパン種をロールできますね!

LAの家の暖炉を、イタリアのスレートに張り替えました!
一番好きな美術館の建物もイタリアの石。

冷たいはずの石なのに、何だか心が温まりますね!

ますます美味しいお料理を楽しんでください
Commented by saheizi-inokori at 2013-03-01 21:25
いいやないの。
Commented by takoome at 2013-03-02 01:51
サワディ〜カ〜  民さん
ずっと昔からパン捏ねの大理石欲しかったけど、こんな形で手に入れるとは思ってなかった。
お粥作っても、パン捏ねても、何してもうれしいです。
何よりも、台所が明るくなって、台所に居たい気分。
石の下はとほほな長椅子なんですけどね、それが又、愛おしいかも、;p
Commented by takoome at 2013-03-02 01:53
サワディ〜カ〜  佐平次さん
素晴らしくポイントでゴージャスッテェのが気に入ってます。
Commented by mother-of-pearl at 2013-03-02 10:48
追伸&お詫び
・・・・勝手に“イタリア”と決め込んでおりました。
早とちりを、お詫びしますm(__)m
(↓ 写真をよく見たら 違う国の大理石でしたね!)
Commented by Shigeo at 2013-03-02 20:58 x
いいね。その上でパンとかこねたらいい感じ。
Commented by takoome at 2013-03-03 01:02
サワディ〜カ〜  民さん
実はトルコ産の大理石は「イタリア産」と称して売られている事が多いと、
その方が高く沢山売れるとトルコの大理石業者が話していました。
なので、どっちがどっちなのかもしれませんよ、
ま、地続きですからね、同じような物です。
Commented by takoome at 2013-03-03 01:05
サワディ〜カ〜  シゲ
そぉなんやけどね、パンはほとんど大きなタッパの中でやっつけてしまう。
でも、何か作る