Tangled with・・・・・

今朝届いたメール、人の力

d0042827_12491033.jpg
まなじりを決して、ネオニコチノイド系農薬の使用禁止によるミツバチの保護を訴えるヴィヴィアン・ウエストウッドさん 
=26日、ロンドンの国会議事堂前(AP)


大成功です -- EUはハチを殺す農薬の使用禁止を決定しました!!バイエル社をはじめとする大手農薬製造会社は、農薬の使用禁止を阻止するためあらゆる手を尽くしましたが、ピープルパワーと科学、そして優れた政治判断が大企業の行く手を阻んだのです!!


バイエル社本社前でダイインするミツバチたち、ケルン 昆虫の保護に取り組む慈善団体バグライフ(Buglife)の専門家ヴァネッサ・アマラル・ロジャーさんは次のように述べています:
「危ういところだったけれど、Avaazメンバーや養蜂家、他にもたくさんの人たちが総動員してくれたおかげで成功しました!各国大臣への大量のメールや電話がけ、ロンドン、ブリュッセル、ケルンでの抗議デモ、そして260万人もの力強い署名、これらすべてがあってこそ成功に導くことができたのです。Avaazのみなさん、そしてミツバチを救うため奔走してくださったみなさん、ありがとうございます!」
ハチは私たちが食べる作物の3分の2を受粉しています -- そこで科学者たちが、静かに、しかし恐るべき勢いでハチが死んでいることに気がついたとき、, Avaazはすぐさま行動を起こし、目標を達成するまであらゆる手段でこの問題に取り組みました。今週キャンペーンが成功したのは、2年間にわたり各国大臣に大量のメッセージを送り続け、養蜂家とともにメディアの注目を引く抗議デモを展開し、世論調査に資金を提供するなど、その他数々のアクションを起こした結果です。私たちが力を合わせ、どのように取り組んできたかご覧ください:
フランスにおけるアクションの強化。2011年1月、危険なネオニコチノイド系農薬の使用禁止を維持するようフランス政府に訴える署名に100万人が協力しました。Avaazのメンバーは養蜂家の方々とともに、フランスの農業大臣と協議を行いメディアにも出演し、農薬産業界による強引なロビー活動に屈することなく、禁止を維持し欧州各国に力強いメッセージを送るよう呼びかけました。



ビニール製の巨大なハチ「バーニー」が260万人の力強い署名をブリュッセルに届ける
農薬業界に真正面から向き合う。バイエル社の前回およびその前の2度にわたる年次総会では、Avaazと農薬禁止支持者の抗議デモが行われました。農薬製造会社大手の役員や投資家たちは、養蜂家やあちこちから飛び回るように聞こえてくる抗議の声に出迎えられました。さらには、ハチへの影響が科学的に調査されるまで、ネオニコチノイド系農薬の使用延期を求める100万人強の訴えが記された巨大な横断幕も掲げられました。Avaazは年次総会においてプレゼンテーションも行いましたが、バイエル社の答えは「ノー」でした。

科学を有効に利用する。 欧州食品安全機関は1月、ネオニコチノイド系農薬3物質について、許容できないレベルの危険をハチに与えると公表しました。そこで私たちは、欧州各国政府が科学専門家によるこの結論に必ず対応するよう、迅速に行動を起こしたのです。すぐに200万にも上る署名が集まり、EUの政策立案者らと協議を重ねた後、AvaazはブリュッセルのEU本部にその訴えを直接届けました。署名を届けたその日の内に、欧州委員会は2年間の使用禁止を提案したのです!


英政府に200万人の署名を渡す養蜂家のみなさん
チャンスをつかむ。ミツバチを救う闘いは今年の2月3月を迎えた頃、さらに激しさを増しました。EUに加盟している27カ国すべてが、欧州委員会の提案を歓迎すべきか阻止すべきか判断を迫られる中、EU諸国のAvaazメンバーたちはいつでも行動を起こせるよう待機していました。農業大国のイギリスとドイツが提案に賛成しない意向を表明した際、Avaazは世論調査を行い、それによって両国市民の大半が使用禁止の提案を支持していることが明らかになりました。また、AvaazのメンバーたちはEU加盟国の各関係大臣に50万近くものメールを送信しました。 農薬産業界のロビイストよりも市民への対応に恐れをなしたオーウェン・パターソン英環境相は、市民による「サイバー攻撃」について不満を漏らし、ジャーナリストはこぞってそのことについて私たちに有利となるよう書き立てたのです!そして登場したのが6メートルもあるブリュッセルのハチ「バーニー」 --  交渉が最終段階に入る中、視覚にも強く訴えつつ署名を届けました。ジャーナリストたちがバーニーに群がる中、私たちのアクションをきっかけに、スペインの大臣が科学的結論に基づいて再考し、立場を変えたという知らせが届きました。しかし、使用禁止を成立させるに足る過半数を得るには至りませんでした。


英インデペンデント紙で特集されたバーニー
信号を赤から青に変える。 4月、ミツバチを救う提案が欧州委員会に提出されました。あと数カ国を提案賛成にこぎ着けることができれば、というかすかな望みが生まれました。Avaazはラストスパートをかけ、英非営利組織Environmental Justice Foundationや国際環境NGO Friends of the Earth、危険な農薬の使用禁止を求め取り組む組織のネットワークPesticides Action Networkとチームを組み、英国議会前でアクションを起こしました。ドイツでは、養蜂家がAvaazのサイト上から独政府宛に立ち上げた署名に、わずか2日間で15万人が協力し、署名は直ちにケルンに届けられました。直前になって提案を台無しにする修正案を提出したハンガリーにAvaazが対応する中、欧州各国の首都では、閣僚の電話が鳴り響きました。そして、ミツバチバーニーも再び、ブリュッセルに登場したのです。農薬製造会社は、空港に到着する関係閣僚らの目を引くよう空港の広告スペースを買収したり、メディアに出演して野生の花を植えるなど別の対策を提案したりしました。しかし、機械的に口先だけで対応する業界のメッセージは無視され、まずはブルガリアが、さらにはあのドイツが立場を変え、EU加盟国の過半数が使用禁止に投票する勝利へとつながったのです!

キャンペーンの成功まで、大変長い道のりでした。科学者や専門家、賛同してくれた関係閣僚、養蜂家、そしてともにキャンペーンを展開したパートナー組織の存在なくして達成することはできなかったでしょう。私たちは今、力を合わせ成し遂げた結果を誇りに思います。

Friends of the Earthで、農薬と花粉を運ぶ生物の問題に関わるチームのリーダーとしてハチを救う取り組みを強力に推進してきたPaul de Zylvaさんは次のように述べています:
「オンラインで、そして街頭で総動員してくれた何百万ものAvaazメンバーのおかげです。Avaazの膨大な数の署名やクリエイティブなキャンペーンをきっかけに、各国政府は見解を変え、私たちそして他のNGOが目指していたことを達成したのです。」

この地球で最もかけがえのない大切な生き物に思いをはせ、祝福しましょう。しかし、EUによる使用禁止が適用されるのはわずか2年間、その間も使用承認について再検討が行われる予定です。そして世界では、ハチを衰弱させ混乱させる農薬により、また人間が自然を開拓しハチの住む場所が失われることにより、ハチは死に続けているのです。ヨーロッパひいては世界各国において、正しい科学に基づいて農業や環境政策が決められるよう、すべきことは山ほどあります。そして、私たちはその課題をこなすコミュニティに過ぎないのです。 :)

希望と喜びの気持ちをこめて

リッケン、イアン、ジョセフ、エミリー、アレックス、ミシェル、アルディン、ジュリアン、アン、クリストフ、およびAvaazチーム一同





ここまで出来た、「人の力」の勝利です。
[PR]
by takoome | 2013-05-05 12:53 | 一言日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/18697762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-05-05 21:00
ミツバチを守ることが人間の食生活を守るのですね。
現代は闘って守らなければならないことが多すぎますね。
Commented by takoome at 2013-05-05 23:19
サワディ〜カ〜  佐平次さん
これからは色んな意味で戦国時代に戻るのです。
もぉ、自分で守らなければ誰も守ってはくれないのです。