Tangled with・・・・・

大島 渚と言う人を私はあんまり知らんかった

d0042827_045171.jpg


ある記事でこの番組を知った。で、友達がこれを見れるサイトを見つけて送ってくれた。で、見た。

それは1月12日の深夜の日本。
「NNNドキュメント'14 反骨のドキュメンタリスト 大島渚 『忘れられた皇軍』という衝撃」
見はった人も居てはるやろね、

私の中の大島渚は阿部定事件やら愛のコリーダでみたいな映画ばっかで、こんなに骨のあるもんを作ったはったとは知らんかった。

~大島渚 『忘れられた皇軍』
50年あまり前の1963年、東京オリンピックの1年前、に日本テレビで放送されたもの。
日本兵として戦地に送られ戦傷を負った在日朝鮮人、当時、朝鮮人も日本人も「皇民化」の対象で、軍隊に入り
「皇軍」の一員、負傷して帰ってくれば、朝鮮は独立して彼等は「外国人」、日本国に保証してもらえなくった。
何方の国からも見捨てられ、道行く人の情けにすがる生活に・・・・、
それに怒る大島渚の「これでいいのか?」と投げかけたテレビ・ドキュメンタリー。

今,この人等が生き残ってはったら、かなりの高齢。
まだ、救済の手は差し伸べらてれへん、そのまんま、見ぃへんつもりなんか? 

まず、こぉやって、ええ映像を発掘してくれはって、どんどん見せて欲しいゎ。みんな知ることが大事やな、



〜思い出
子供の頃、菖蒲池遊園地に行く途中、線路の下のトンネルの中に、奈良駅でも,上六駅の所でも、
白い着物を来て、手がなかったり足がなかったりサングラスかけてはったりの人が坐ってはった。
怪我の理由は親から聞いてたけど、戦争の話は想像つかんかったし、なんせ小さかったし、わからん。
遊び場所の入り口に必ず居てはった怖い人、その人にお金をあげる様に母さんにいつも言われた。
怖いしかなかった。



〜字の練習
真っ暗闇の海の底で
おぼろげながらも 自ら光を発して
ひっそりと息づいている深海魚
このイメージが、長い間 僕の生きる力となってくれた
自己を燈火とし、自己を拠り所とするがよい
他のものを拠り所としてはならない
真理は自分の中に見つけるものだ
「失って得る」  大嶋 渚

書きながら思う。
当時、もぉちょっと分かりやすい話をして欲しかった。いや、してたのかも知れん。
けど、小さかった私には届かんかった。
[PR]
by takoome | 2014-01-16 14:03 | 一言日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/20237355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yukiwaa at 2014-01-16 16:45
私は戦後、この様な人たちが家の玄関先で何やらお経みたいなものをあげながら、立ってはったのを鮮明に覚えています。必ず片手には賽銭を入れるものを持って^^片手だったり、片足だったり、もっとヒドイ負傷をおわれている方も見ました。
「戦争でやられはったんや」と子供心に思いました。そしてその頃はこうして食べていく以外ないのが現状でした。
大島渚の「愛のコリーダ」は見ました。エロ文学ではありません。衝撃でした。色々な意味で。
彼の思想は彼を100%理解し、縁の下の支えになった彼の奥様、小山あきこの存在なくして語れない・・と思います。
学生時代の仲間が集まり、熱い議論を交わしたよき時代の京都の人です。
Commented by takoome at 2014-01-16 21:35
サワディ〜カ〜  yukiwaaさん
今ではこんな人が居たことすら知られていませんね、私はこれが見れるサイトを息子に送りました。

大島渚のことはこれから少しずつ、亡くなってからですけど、読みたいです。
Commented by saheizi-inokori at 2014-01-16 21:51
真理は自分の中に、最近よく似た言葉を読んだばかりでした。
Commented by takoome at 2014-01-16 23:04
佐平次さん
さて、何の本でせうか?

気に入った文章が見つかったので 当分、これで練習!
Commented by miyachoTT at 2014-01-18 10:14
おはようございます!運動してますか?近所にジムがあったらなあと思いつつ激運動不足の日々です。

takoomeさんのブログ読んで、昨晩動画探して見つかりました。力強いドキュメンタリーでした。激しいジャズがまた感情を煽ります。90になる祖父に戦争体験をちゃんと聞かないといけない。
Commented by takoome at 2014-01-18 14:58
サワディ〜カ〜  たえちゃん
ユークで見つけた?
聞くチャンスがあれば、生身を経験した人から聞いた方がええと思います。
日本はとっくにそんなことは忘れて、新たに同じ道をorもっと酷いかも知れない道を進み出してる。

この騒動前はルンピニ公園の室内ジムでした。エアコンが点いてて、おばちゃんもよぉけ居てはります。
が、この騒動でジムはクローズ。
今はチャトチャックの公園の外ジム、おっさんばっかりのとこです。
歩いて、重たいもん上げ下ろしして歩いて帰る。しんどいです気持ちがええです。