Tangled with・・・・・

一本の電話

この間から電話をかけていたが出ない。ちょっと心配。

3度目の正直、やっと繋がった。

その人は秋篠織りの当主、瑛子さん。私の大学の恩師の奥様、
恩師の話は随分前に書いたと思うが、家の近所で、よく単車で遊びに行ったものでした。
その人が、私の大きなお腹をさすって「お前がなぁ〜」といわはった。
数ヶ月後、シゲオと入れ違いに逝ってしもた。
勿論、瑛子さんはそんな話を皆知ってる人。

1年ぶりぐらいに話す。
80になるんよ、後半年で!   げっ、私より化け物!私も年いくはずや、
ははは、ボケてないで、    それはよろしい。
市の仕事、お金にならんけどしてます。  生きてるからええんちゃうん?
市から功労賞もろたゎ、    それ、市に買い上げてもらいなさい。

数分の会話。終始、あのニコニコ顔が浮かぶ。

よぉ頑張ってる。子が居てへんからボケられへん、って、それはちゃうと思います。

元気な声をありがとう、 まだまだ頑張ってや!


d0042827_16211634.jpg
  
 
[PR]
by takoome | 2015-04-29 16:27 | 一言日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/21748015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2015-04-29 22:10
麻ですか?
好い柄やね。
Commented by takoome at 2015-04-30 00:06
サワディ〜カ〜  佐平次さん
木綿のテーブルセンターです。秋篠織りの定番です。;p