Tangled with・・・・・

ジョージ・カーリン 再び




コメディアン、ジョージ・カーリンの珠玉の論評

2008/04/06 にアップロードされたもんで、

2015年日本にしっかり当てはまってる。

全くや!







『 消費さ!
それがこの国の
新しい娯楽ね。
ベースボールなんてウゼいね。
消費だ!
それが唯一残った
本物のアメリカ的価値観。
買い物!
ヤツラは、
ない金を払って
いらない物を買う。
持ってないカネで、
持たなくていいモノを買う。
クレジットリミットまで使い果たして、
利子18%を生涯払い続ける、
たった12ドル50セントの買いモノにね。
それも持って帰った時点で
気に入らなかったシロモノにだ。
賢くないね。
あまり賢くないですよね、
みなさん。
ただ、
ヤツラの一人と
話してみるとね、
たとえば、
一人だけ隔離して、
面と向かって、
IQの低さや、
愚かな行動とか、
酷い価値判断とかについて、
理性的に語り合ってみるとさ、
まってましたとばかりに
ヤツラは教育問題を語り始める。
それが全ての
答えだと思っているんだ。
教育!
教育にカネをかけるべきです!
もっと本を増やすべきです!
もっと教員を増やすべきです!
もっと教室を増やして、
もっと子供達にテストを受けさせるべきです!!
そうヤツラは言うよ。
でもって、
「えっとさ、
もうそれ全部、
やってみたけれどね、
それでも子供達がさテストに
合格できないんですよね。」
と言うと。
「ああ、心配いらないよ、
テストの合格点を下げるから。」
とかマジで言う。
でもすでに、
そうしているんだよ
実際のところ、
多くの学校ではね。
子供達が合格できるように。
合格者の子供が増えれば、
学校側も見栄えが良いし、
みな幸せだろ?
国のIQレベルが
また2か3ポイント低くなって
いつか、大学入学に必要なのは
鉛筆だけになってもさ。
「鉛筆あんのか?
んじゃ入れ、
物理の講義だ。」
それでミンナさ、
なんで他の17カ国もが
オレ達の国より、
科学者を大学から
輩出することが出来るのかとか
疑問に思ったりする。
教育!!
政治家がまた、
この言葉が好きだ。
この言葉をキミ達に使うよね。
政治家は伝統的に
三つの項目の影に身を隠すんだ。
星条旗と聖書と、
そして子供達。
一人の子供も
オチこぼしてはなりません。
子供一人でも
落ちこぼしてはならないってね。
あっそう。
ちょっと前には、
優秀な子供には
飛び級をとか話してたじゃない。
飛び級とオチこぼれなし?
どなたかどこかで矛盾していませんか?
でも理由がある。
これには理由がある。
学校教育が
ヒドイのには理由があって、
それは絶対、
未来永劫、
絶対に教育問題が
改善されない理由と
同じだ。
絶対に改善されない。
だからもう答えを
探しなさんな。
今あるモノで
満足しているほうがいい。
理由はだね、
この国の持ち主が
望んでいないから。
オレが言ってるのは、
本当の持ち主。
本当のオーナー。
全てを掌握していて、
大事な事を全部決めている、
巨大に富んだ商業利権のことさ。
政治家なんてどうでもいい。
政治家はあなた達が
選ぶ自由を持っていると
思わせておくために
ヤツラによって
設置されているだけだよ。
選ぶ自由を持っていないのかって?
ないね。
あなた達に選択権はないよ。
あなた達には持ち主がいるから。
あんた達はヤツラに
所有されているんだ。
ヤツラが全て所有している。
ヤツラが主要な土地
全てを所有していて、
ヤツラが巨大株式会社の
運営権を所有している。
ヤツラはとっくに
上院も、議会も、
州議事堂も、市役所も、
買い取っていて、
裁判官もヤツラの
後ろポケットの中、
その上、
ヤツラは全ての
メディア会社を所有しているから、
あなた達が知るニュースも情報も
全て管理しちまっている。
あんたらヤツラに
金玉握られてんだ。
ヤツラはまた、
毎年、数十億ドルもの金で
政治的な圧力をかけて
欲しいモノを手に入れている。
で、まあ、
オレ達はヤツラが
欲しがっているモノも分かっている。
ヤツラはもっともっと独占して、
他から取り上げたいんだ。
でもねオイラが
ヤツラが求めない事を教えるよ。
ヤツラは、
批評的な思考回路を持つ
市民を求めない。
ヤツラは、
情報に通じていて、
教養があり、
批評的な思考回路を持った
人達なんていりゃしない。
ヤツラは興味ない。
ヤツラにはなんの足しにならない。
ヤツラの利益に反することだ。
そうだろ?
ヤツラは、
もう30数年前に自分達を捨てた、
システムに毎日ハメられ続けている、
自分達の不幸な現状について
食卓で思いをめぐらせたりする
賢い人間なんていらないんだ。
ヤツラには不要さ。
何が欲しいか分かるかい?
ヤツラが欲しいのは。
素直な労働者。
従順な労働者さ。
欲しいのはね、
ちょうど、
機械を操作できて
書類処理が出来るくらいに
賢こくって、
ちょうど、
劣化しつづける仕事内容も、
安月給も、長時間労働も、
なくなり続ける保険保証と
時間外労働給も、
受け取る寸前で消える退職金も、
なんでも素直に
受け入れてしまう
くらいにノンキな人達だ。
でその上さらに
ヤツラ今度は、
あんた達の
年金も奪おうとしている。
ヤツラは、
あなた達の老後の
金まで欲しがっている。
ヤツラ、
取り返したいんだ。
ウォールストリートの犯罪者友達に
差し上げるためにな。
で、知ってる?
手に入れるさ。
ヤツラはアンタ達から
全てを取り上げる。
遅かれ早かれな。
ヤツラはムッサ苦しい
この場所を所有しているんだからさ。
それはね、
デカいクラブ。
でもキミは部外者。
アンタとオレは大物クラブの一員じゃない!
ついでに言うけどね、
一日中ヤツラが何を信じろと、
アンタ達の頭を殴り続けるのも
その同じクラブでだ。
(クラブ=こん棒)
一日中、
メディアを使って頭を殴り続ける。
何を信じて、
何を考えて、
何を買えばいいのかって、
押し付ける。
みなさん、
テーブルが傾いていますよ。
ゲームはイカサマです。
でも、
誰も気付かないみたい。
誰も気にしていないみたい。
善良で誠実で働き者のヒト達。
ホワイトカラー、
ブルーカラー、
何色のシャツを着ているかなんて
問題じゃない。
善良で誠実で働き者の
人々が続けているんだ。
このヒト達は
慎み深い人々なんだけれども。
そのヒト達のことなんて
これっぽっちも考えてない、
ああいった金持ちの
チンカスどもを
選挙で当選させ続けているんだ。
ヤツラは、
これっぽっちもアンタ達のことなんて
考えちゃいないぜ。
これっぽっちも思っちゃいねえ。
気にもとめていやしねえんだ。
これっぽっちも。
これっぽっちもだ。
だろ?
それでも、
だれも気付いていないみたい。
だれも気にしていないみたい。
そこをオーナー達は
信頼しているんだな。
アメリカ人は
バカでかい赤と白と青の色した
ポコチンで毎日ケツの穴を
貫かれている事実に
頑固なまでにも無知なままで
在り続けるだろうって。
なぜなら、
この国の所有者は知っているから。
この国のオーナー達は知っている。
アメリカンドリームって
呼ばれるのはさ、
寝ていないと
信じようがないってことだよ。』
[PR]
by takoome | 2015-12-21 12:18 | 一言日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/22687123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]