Tangled with・・・・・

悲しみを貰た日

d0042827_23099.jpg


Gary、行って仕舞わはってん。

思い出はそのまんま子供等の思い出と重なる。

10年以上前、無口なカナダ人と初めて話してん。

意気なり私の横に来て、私と同じ方向を向いてボソッと「takoome、元気?」

えっ?何で私の名前、知ってるん?て、思たんやった。

小さい思い出がぽろぽろと襲って来る。

埋葬式、質素な白い棺桶がユダヤ教の信徒達の手で埋められて行った。

その後、Bredとハグをしてん、

油断してたんよ、 そしたら、半端ないBredの悲しみがドバッと流れ込んできた。

声が出えへん。話されへん。涙があふれる。誰かに抱きしめてもらいたい。

そんで、Bredが胸を叩きながら、「ここ、ここ!」って、

やっぱ言葉が出ぇへんかったけど、何とか「そや、そや」

そんで、悲しみを貰た私は、もぉ、その場にいてられへんで、

帰り道、何かをを吐き出しつつ、

家に着いたらぐったり、


晩ご飯、作っといてよかったわ、

d0042827_3121680.jpg

[PR]
by takoome | 2015-12-24 03:15 | 一言日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/22697209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2015-12-24 09:35
わたしも今年友を喪いました。
形見のセーターを着て忘年会に行きましたよ。
Commented by takoome at 2015-12-24 21:07
サワディーカー 佐平次さん
私は8年前に描いてたこの絵ぇを Bredに送りました。
まさか、こんな日が来るなんて思ってもいてへんかったゎ、