Tangled with・・・・・

夕方、姫鶉が一羽死んだ。

随分前から具合が悪かった。

いつも寝てるみたいな、起きてるみたいな、

夕方見たら座り込んでた。

それが、アリまみれで、

あぁ〜、その時が来たか、手に取ったら、未だ、生きてた。

このアリは行けません。未だ生きてます。

砂かけて、アリを追い払た。

手に乗せて見守った。

水をやった。末期の水になるやろな、

30分後、大きな息して終った。

未だ、数匹のアリが体を這い回ってた。

中国山椒の根元に埋めた。



あっ! 今日、シゲオが日本に飛ぶんやったな、

そぉか、ウチのジンクスになりつつある。

家族の誰かが飛ぶ時に鳥が逝く。

私は鳥が翼をくれると思っている。

ありがとう、姫鶉。
[PR]
by takoome | 2016-02-19 00:44 | 一言日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/22895227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2016-02-19 10:05
物語ですねえ。
無事な旅を!
Commented by takoome at 2016-02-19 17:51
サワディ〜カ〜  佐平次さん
昔、八卦見に言われたんですよ、
「鳥が助けてくれるから、あんたは鳥を飼い続けなあかんよ!」って、
かなぁ〜?
Commented by mother-of-pearl at 2016-02-20 11:00
もっともっと大きい翼に生まれ変わって、空を運んでくれるのですね!
息子さん達の良い旅をお祈りしています。
Commented by モーキン at 2016-02-21 16:22 x
翼ある生き物が助けてくれるなんて素敵!
息子さん、よい旅を。
私も来月そちらに行きます~どこへ行くか色々考え中です^^
Commented by takoome at 2016-02-22 01:57
サワディ〜カ〜  姉ちゃん
私も祈っています。
さて、私の手の中で小さかった雛は何所に飛んで行くのでしょうか?
私にも想像がつきません。
シゲの麦酒が日本上陸したそうな、もうすぐ東京でも飲めるらしい。
Commented by takoome at 2016-02-22 01:59
サワディ〜カ〜  モーキンさん
おぉ、来るのですね、
ごはん食べようね!!
子供の翼はすっかり丈夫になりました。
私が思っているよりね、