Tangled with・・・・・

タイに居てたときよか黒なった

d0042827_19134194.jpg



d0042827_19135440.jpg



d0042827_19141128.jpg



d0042827_19142535.jpg



d0042827_19144170.jpg

Day of one hundred and fifty one

キア オラ

目まぐるしかった一日が終わろうとしてます。

んで、鏡を見た私はぎょっ! 何でこんなに黒なってるん?

そんでまた、黒なる色がタイと違うんよ、変な感じよ、


まず、朝から蒸留を始める。シゲに聞いてた通りしたつもりが、一個も温度が上がらん?

何てこたぁない、コンセント入れてスイッチ、入れてへんかった。アホです。

さて、始まりました。初めに出てくるんはメチルアルコールやそうで、100ccほど捨てると言われた。

さぁ、氣にしてましたけど、掃除をしてたら忘れてしもて、100cc以上になってもて、けど、捨てた。

後は道具に任せることに、


家中の掃除終了。昼です。ごはん食べてちょい、ぺちゃくちゃ。


家の外の芝刈り、公共地ですけど和多志等がせんなあきません。

そやのに芝刈り機がおかしい。どんなけやっても草、切れへん。

けど、やって見る。あかん。塀の側の草ぼうぼうを手ぇで引っこ抜く。ほぼ、2時間近く。

3時間になった時、根を上げた。もぉ、あかん!

子供達が学校から帰って来る。不思議そうに見てる子、怪訝な顔してる子、笑てる子、

そぉですわなぁ、今時、この地のどこに家にもある電動芝刈り機、誰がハサミなんかで切りますやら、



片付けて家に入る。しんど、手ぇが更にガサガサ、爪の間も真っ黒け、

和多志等が入ると同時に、隣の婆ちゃんとこに芝刈り業者が来て刈り出す。

その音が聞こえてるんやけど、何や、ウチの家の前も・・・、その業者やあらへん。誰?

誰ともわからん人がウチの家の前の虎刈り芝生を奇麗に刈ってくれはった。感謝!やけど・・・・

きっと、しゃがんでハサミで芝を刈るアジア人お婆が哀れを誘ったんでしょう、

夕方な明るさの夜7時、和多志は刈られた芝を有り難くほうきで掃いた。


夕食後、酒をボトルに詰めた。

酒、最初のはちょっと茶色い。そんで、火がつくんよ、多分、70度とか80度あるかもって話、

自分で取って干した枇杷葉とオオバコとヨモギを入れてこのスピリッツで抽出します。

自家製ローションの元です。数ヶ月後に出来上がり。

忙し過ぎると、忙しい感がないなぁ、変なの、



一言:今日、お嬢が寝返った。 記念日や!



二言:昨日今日と干したハーブをハンドブレンダーで粉々に、カワカワ、オオバコ、枇杷葉、よろしいなぁ、
   で、飲んでる茶は庭のパセリ茶、もぉ、自然に感謝ですわ、
   





[PR]
by takoome | 2017-11-07 19:19 | タウランガ 離れ小島的立地な家に住むお婆 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/26098778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]