Tangled with・・・・・

ロイカトン(鐘楼流し)

農民の収穫に恩恵深い水の精霊に感謝を捧げたり、人間の罪や汚れを水に流して魂を清めるお祭り、
ロイカトンが、毎年11月(陰暦12月)の満月の夜に行なわれます。今日がその日でした。
とある船着場、人で溢れ返っています。
お巡りさんも兵隊さんもウロウロと警戒をしています。

このロイカトンに火をつけて川に流します。
いえ、別に川でなくともバケツの水に浮かべればいいのです。

もともとバナナの茎で土台を作っていましたが、
近年、発泡スチロールなど自然に帰らないものも出だし、ちょっと環境問題になっています。

今夜は川沿いのホテルにいて、もう少し待てば沢山の花火が見れたはずでしたが、
疲れてしまって、火も見ずに帰りました。

只今、遠くで花火の音がしていますが、眠いです。
バンコク・サパンタクシン橋たもとにて
d0042827_1228100.jpg


d0042827_1304568.jpg

[PR]
by takoome | 2007-11-24 23:20 | 今日のタイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/6624209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]