Tangled with・・・・・

ワイ (お供え物) 

今朝は 「ワイ (産土神へのお供え物)」 をしました。
産土神 : うぶがみ。うぶすなのかみ : 生まれた土地の守り神。
近世以降は氏神や鎮守の神と混同されるようになった。
門を開け放し 「福は~内」 なのです。「鬼は~外」がないのです。
でも、これは節分のように日が決まっているわけではありません。
ご覧のようにタイで行われる普通の習慣です。
並べられた食べ物にはそれぞれいわれがあるようです。
今度はバナナの葉で作った入れ物に取り分け、木の根元にお供えをします。
従業員と子供のためだそうです。
お祈りとともに捧げた線香が全員、燃え尽きたので 
とても 「幸先」 だそうです。

d0042827_1444549.jpg

[PR]
by takoome | 2007-11-25 15:12 | 一言日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/6626158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mmeazores at 2007-11-25 18:10
takoomeさん こんばんは
素敵な風習ですね。
私、いろいろな風習ってとってもいいなあって思います。大事にしたいですね。
手前の赤絵のお茶碗と同じ模様の食器を娘からのプレゼントで貰って大事に使っています。とっても可愛い。
皆が「幸先」・・・でありますように!
Commented by takoome at 2007-11-25 21:47
サワディ~カ~   mmeazoresさん
日本では風習を大事にしてこなかったので、ここでは是非にと思っています。
それにタイの方々とも心が通じるようにと・・・・・
赤絵の食器はベトナムのバンチャンで買った物です。大好きです。
Commented by skimama at 2007-11-26 21:46
大阪の夫の実家では氏神様のお祭は欠かしません。
が、北海道に住んでおりますと、どうしてもそのようなことは稀薄なのです。
土地の風土は暮らしが守り伝えることが大きな力になっているのだと思います。
いいですね、普通に取り入れられている風習・・・。
せいぜいお月見のお飾りをするのが精一杯なので、とても羨ましいです。
Commented by takoome at 2007-11-26 23:37
サワディ~カ~   skimamaさん
私の両親はクリスチャンだったので、日本の習慣、風習なんて皆排除されて育ちました。
悲しかったですよ、結婚してからは古い日本の習慣、心がけて子供たちといしょにお参りしたり、飾ったり・・・・
ですからこちらでもこちらのやり方ですることにしました。 まだまだわからないことがいっぱいありますが、少しづつ・・・・