Tangled with・・・・・

細くなるらしい・・・

その鳥、ビックリしたら細なるやろ!   友達に言われた。 
そぉいえば・・・そんな風な感じの時はあったかもしれないが・・・・
隠蔽色。
ビックリしたり、怖かったりするとっても細くなって木と間違えるらしい。
でも、いつも私見る姿はこれ、ぷっくりと膨れているのです。
そぉか、私といるとストレスがないのか・・・・
それって、喜んでいいのかなァ・・・・・

後日談
私がいないときにお客様が・・・・この半分になっていたそうです。
そぉゆうことって あるんや・・・・

インドオオコノハズク
(英名) Indian Scops Owl   (学名) Otus bakkamoena
日本を含むアジア広域(東南アジア、インドネシア、樺太)に分布する小型のミミズクです。
体長は19~23cmで、瞳の色は地域によってバラエティーがあり、黒褐色、オレンジ、黄色とさまざまで、日中は枝の上で擬態しているため見つけ出すのは困難です。夜間は活発に活動し、カブトムシやバッタなどの昆虫を捕食します。中国、朝鮮半島では薬鳥として乱獲され、個体数が非常に減少しているといわれています。
d0042827_2041765.jpg


d0042827_2145466.jpg

[PR]
by takoome | 2008-01-18 21:12 | 一言日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/7010176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mother-of-pearl at 2008-01-20 23:51
なんと高貴な姿なのでしょう・・・・。

憧れの鳥さま、と一緒に生活なさっているなんて、なんと羨ましい。
そして、こ~んなに丸まっちゃうほど安心させるパワーがあるなんて、
素晴らしいですね!!!動物が一番正直なのですから。すごいなあ!
Commented by takoome at 2008-01-21 01:23
サワディ~カ~  民さん
同じ鳥だとは思えない七変化、 この鳥、雛の頃は私の手の中で寝ていたこともあります。
未だに、いえ、多分ずっとお母さんなのです。まずいすり込みだったかもしれない。
鳥を鳥と自覚を持てるようには出来なかったとゆうことか、
どうも私は「マザコン製造機」らしい・・・・・ 反省せないかんこと多々です。