Tangled with・・・・・

欧米観光客の誤算 春節

今日は春節。 
いつもの年なら真っ赤になって爆竹がなって飲めや歌えのはずでしたが・・・・・
道は交通規制がかかり、出店がいっぱい出て歩けないぐらいになるはずでしたが・・・・・

今年は、ほれ、こんな調子
2008年の一月一日、元旦のその日に王様のお姉さまがお隠れになりました。
なので、自粛であります。
そんなこととは露知らず、欧米観光客はどんどん中華街へ繰り出して・・・・
途方にくれた姿をばあっちこっちでさらしておりました。
帰るバスの中からは中華街めがけて走る観光バスも・・・・・
彼等の顔が目に浮かぶようでありました。

d0042827_1792735.jpg

[PR]
by takoome | 2008-02-07 17:13 | 一言日記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/7197413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ponzu_77 at 2008-02-07 21:38
あら、そうなのですね。
本当、ファランの「ん?」ってがっかりしたような顔が
目に浮かぶようです。王様のお姉さまかぁ。。。
どんな方だったんだろう。。。
Commented by takoome at 2008-02-08 11:29 x
サワディ~カ~  ponzさん
王様のお姉さまのことはあまり存じ上げていないのです。
でも、未だに白黒の喪中の装いの方が沢山いらっしゃいますし、春節がこんな風です。
重要な方だったに違いないですね、
Commented by mother-of-pearl at 2008-02-09 14:46
そうでしたか・・・・。
昭和が幕を降ろした時、街中から赤い広告が消えて、私個人としては
その静けさが、いたく気に入ったのを、ふと思い出しました。

国をあげて、喪に服する。
そんな真摯な人々の心に、敬意を表します。遠い国から・・・・合掌
Commented by takoome at 2008-02-10 10:54
サワディ~カ~  民さん
国をあげて・・・・ 
タイ国民は月曜日にいっせいに王様のカラー黄色のシャツを着ます。昨年は王様が健康を害されて入退院を繰り返され、年末、ピンクのシャツで退院。国民の皆様、これが嬉しくこぞってピンク色に染まりました。
国民にこれだけ愛されている王様も珍しく思う半面、羨ましくもあるような・・・