Tangled with・・・・・

撮れたてほやほや


夕方雨が降りませんでした。 そして、私が覚えてた夕顔。 いえ、夜顔やそうです。
こんなにエッジがきれいだとは思わなかったし・・・
それに、暗くなるほどに花が開いていくんです。 当然だゎな、 夜顔 だから、
なに? この素晴らしい 香り・・・
ほのかに甘く、人肌を感じる、

あぁ、お風呂上りにこんな香りがすると・・・・自分でもうっとりするに違いないなぁ、
直径は15cm以上、闇夜に白く浮き立ち優雅で大胆な花です。などと紹介されている。
どんどん花が広がっていって、そして、夜明け頃には萎んでしまうのです。 

ふと、 「夜顔の夜明け」 になれたらいいなぁって思ってしまいました。

d0042827_2246428.jpg

d0042827_22553053.jpg

[PR]
by takoome | 2008-03-11 23:09 | 一言日記 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/7463056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by henry66 at 2008-03-12 04:22
สวัสดีค่ะ  takoome さん。
今、この夜顔の写真を見た時の気持ちと、先月 takoome さんのブログを見つけた時の気持ちが似ています。takoome さん、ありがとう。私、自分が嫌いで嫌いで夜も眠れなくなっていたくらいだったんです。毎日が不安で、馬鹿なこと考えてました。でもなんとか抜け出せそう。
開く前の夜顔、ソフトクリームみたい。
Commented by henry66 at 2008-03-12 08:21
再びお邪魔します。
takoome さんにいただいたコメントの数々をもとにして記事を書いてもかまいませんか? takoome さんの詩情にやられてしまいました。お返事を聞くまでは記事を非公開にしておきます。

Commented by takoome at 2008-03-12 11:44
สวัสดีค่ะ ヘンリ~さん

私だって一歩手前まで・・・・
もっとも、それがタイへ来るきっかけになったんですがね、
そして気持ちの切り替えが出来たのはタイのお陰様、
その話はまたゆっくりと・・・

>私の詩情  
はて・・・そんなものが私にあったのかと立ち止まってしまいますが・・・
私がこのwebの片隅で残す記録は、子供や友達の好きなときに読んでくれて、今の私を感じてくれればと思って続けています。
お役に立てるのであれば何なりとお使いください。

写真を撮りながら思ったのです。
この香りに漂いたい。 この後が問題です。
「御座引いてねっころがって・・・・・下から見上げたらどんなンかな?」
 う~ん、アジアだ ーー;  
リクライニングチェアーにはならんなぁ・・・ってね、
Commented by henry66 at 2008-03-12 12:07
ありがとう、takoome さん。
Commented by somashiona at 2008-03-12 15:15
夜顔って見たことないです。
どうしてよるに花を咲かせるのだろう?
昼間より夜に花を咲かせる人はたくさん知っているけど。
2枚目の写真って萎んでいるところですよね?
巻貝みたいできれいだなぁ。
Commented by takoome at 2008-03-12 15:55
サワディ~カ~   somashionaさん
おかえりなさい。

夜顔はえらいのです。 瓜のような大きな食べれる実も残します。 かんぴょうです。
人知れず大輪を優雅に・・・・気がつくと萎んでしまって、でも大きな実を残す。素敵です。

2枚目の写真はまだ、少女ですよ、 
萎むとくちゃくちゃとなってしまうのです。でも、私と違って首だけはしゃきっと長いです。

ひょっとしたら年末にそちら方面出没するかもしれないな、
Commented by yu-me at 2008-03-12 18:01 x
はじめまして・・・
美しい花たちにうっとり。

夜顔が、干瓢なーんて不思議。
散らし寿司に干瓢いれて・・・皆で干瓢は何から出来てるのって話題になって。
明日、皆に教えてあげます。知ったかぶりして・・・

サワディーカー・・・ありがとう。
Commented by takoome at 2008-03-12 19:33
サワディ~カ~  yu-meさん   いらっしゃい、

今も次の花が咲き出しています。 さて、実が出来ますやら。。。
なったらきっと、干瓢を作ります。で、散らし寿司に巻き寿司にと・・・・
気が早すぎますね、 楽しんでいます。
yu-meさんが今度散らし寿司を食べるときは、この花を思い出してくださいね、