Tangled with・・・・・

鯛を煮る時はいつも思い出す


朝,病院で待つレイジにお粥を持って行って買い物をした。
で、鯛の頭を買った。多分・・・・、同じような顔だったから、
d0042827_23172546.jpg




あの時のアラ煮以後,その味を超えることが出来ないの・・・・・
多分,絶対に、だからあまり作らなかった。で、こっちに来て2回目,

母が倒れて2ヶ月目,3度目の危篤で皆がバタバタしていたとき,
何故か私は夕食に鯛のアラ煮を作りました。と言っても三人分の弁当なのですが、
兎に角,慌てて作りましたからどんな風だったか覚えていません。
覚えているのは「一番強い火」当然、調味料なんて適当です。
しっかり煮詰めて・・・焦げる寸前だったのかなぁ,汁がトロトロだった。
そんなだったのに、その時に限ってとっても美味しいアラ煮が出来たのです。
忘れられない味です。未だに父もその話をします。

美味しかったなぁ・・・・もぉ、23年前も話です。



今夜は・・・やっぱり絶対にに一票だった。
[PR]
by takoome | 2008-08-08 23:43 | 一言日記 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/8417313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by skimama at 2008-08-08 23:49
切ないくらいいいお話!
Commented by takoome at 2008-08-08 23:58
サワディ〜カ〜  skimamaさん
おぉ、はやい・・・・、
もはや,封印された鯛のアラ煮になりかけています。
Commented by henry66 at 2008-08-08 23:59
「同じような顔」という覚え方があなたらしい。
そんな大変な時にみんなのお弁当つくったのね。辛かったね。
そのアラ煮の作り方、お母さんに教えてもらったの?

誰かが危篤状態の時に食べるお弁当はなぜか美味しいよ。

Commented by takoome at 2008-08-09 00:47
サワディ〜カ〜  ヘンリ〜さん
鯛,日本では名前がいろいろあってわかりますが,
こっちではね、「それらしい」でやっつけてしまいます。わかるまで待ってたら日が暮れる。
そんな風だから時々、大間違いをします。そしたら絶対に忘れない。

アラ煮は母がよく作っていたので見よう見まねです。あれはきっと母が作ったのです。

危篤弁当がおいしいの? 知らなかった。経験不足です。

Commented by convenientF at 2008-08-09 06:56
関西と関東が一番大きく違うのが煮物。

アクセントや母音の比ではありません。
Commented by saheizi-inokori at 2008-08-09 07:17
危篤の時の食べ物、覚えているのもあるし、すっかり忘れているのもある。
叔母のときはインスタントラーメンをいろいろ買ってきてお湯を注いだときでした。
誰も食べないままにラーメンの匂いばかりが、、。
Commented by takoome at 2008-08-09 09:53
サワディ〜カ〜  cfさん
えー? そんなに違うんです? 
>アクセントや母音の比
それだってこんなに違うのに・・・・
今度東京へ行ったらきっと食べます。

Commented by takoome at 2008-08-09 10:01
サワディ〜カ〜  佐平次さん
カップラーメンをよく食べました。レモンと鰹節を入れて・・・
でも,やっぱり鯛が勝りました。
もぉ、あんな思い出人を送ることもないだろうなぁ・・・
Commented by handachin at 2008-08-09 10:32
いいお話ですね。
同じような顔...takoomeさんらしい^^
そんなあら煮を食べてみたいな。
Commented by takoome at 2008-08-09 13:26
サワディ〜カ〜  はんだちんさん
あまりにもabout過ぎるって? 悠長に時が過ぎるのを待ってられませんよ,
即決です。結果,美味しかったらよいのです。
私もあんなアラ煮をもう一度・・・・・
Commented by convenientF at 2008-08-09 16:00
>今度東京へ行ったらきっと食べます。

見ただけで「オエッ」となるかもしれせんでぇ。
酒、砂糖、味醂を煮詰めてから濃口醤油。店によってはさらに水飴をプラス。

ピシッとしたタイでも、フックラしたカサゴでも、薫り高い里芋でも、みんな「飴炊き」にしよるんですわ。
関西みたいに「ええ材料は出汁の味だけで炊く」という感覚がないんですな。

徳川幕府が江戸を行政の中心にして以来全国各地から人が集まるようになり、その人等の味覚をある程度満足させながら、冷蔵庫などの保存手段がない環境で長持ちする料理をつくってきた結果なんやろなぁ、と思ってます。
Commented by takoome at 2008-08-09 18:54
えっ、おぇっとなるの? 水飴って、そらアラ煮やあらへん、
そしたら京都の人はなおさらあかんのですね,
保存食になったら名前を変えなあきませんね、飴煮とかね、
東の方はそぉゆう文化だと覚悟します。
Commented by convenientF at 2008-08-10 09:52
>そしたら京都の人はなおさらあかんのですね,

ヒツレイにならんように「キレイどすなぁ」と言うだけにして、お箸は付けんようにしよし...

>東の方はそぉゆう文化だと覚悟します。

昔から言われてるように「箱根の東は鬼の国」やから、「鬼に立ち向かうように」アンジョウ支度してから行かなあかんでぇ。
ヤクザでもヤンキーでも「電車の行列指定」や「ポイ捨て禁止」を守っとるし、守らなんだら堅気のサラリーマンも参加して寄ってたたかったミンチにする暴力社会やから、それが嫌な人は寄り付かん方がええ思いますけど...

Commented by takoome at 2008-08-10 11:50
京都の人はそぉですね,お箸も付けん口やね,
友の京女は口当たりエエんですけど,頑固ですわ〜、首,横に振ったらにんまりまったり、動かはりませんわ、

行列指定やポイ捨てを守ってはるのに皆でよってたかって暴力社会って・・・・こわいわぁ〜、
そんなら、「鬼の国」に行く時は桃花子になって家来をぎょうさん連れて行きますわ,