Tangled with・・・・・

いろいろの日本を堪能した

今日、某所で某会の新年会が開催された。
出し物のメインは長唄と日舞、日本から来られたとのこと、
バンコクにいてもこんな日本文化に触れるチャンスはあったなぁ、

d0042827_022561.jpg


目のお正月。堪能させてもらいました。

それにしても・・・・・日本にいる時もこんなの見たことなかったなぁ、












美しい日本を堪能した後、違う日本を堪能した。

ブッフェ、大人も子供も・・・・飢えてるわけないのにねぇ、日本人。
皿に群がって人が引いたらもぉ、無くなってるし・・・・
子供は奇声を発して走り回り、ケーキはホールの1/3を一人で抱え込む。
注意をしない親、信じられない光景、
「ここでこれを食べないと三日間は食べられないぞ!」
そんな感じでした。

いつから日本はそんな貧しい国になったんや?


やっぱりこれは情け無いとゆうんか・・・・やっぱり悲しいかな、
[PR]
by takoome | 2009-01-23 00:40 | 今日のタイ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/9238035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-23 08:02
落語はなかった?
タイの人はもっとお行儀いいのですか。
相当地位の高い人たちのパーテイでも寿司とかステーキとか美味しそうなものは黒山になってすぐなくなります。
それも私のパーテイ嫌い、ブフエぎらいの理由です。
餓えた動物を感じてしまう。
Commented by takoome at 2009-01-23 10:00
佐平次さん
年に一度ぐらいはあったと思います。選り好みをせずに見に行きます。
タイ人はもう少し穏やかな気がします、でも、「寿司」が出ている場合はどこの国の人でも気合いが入るようですね、
しかし、ブッフェが身近でなかった頃は必要以上食べてしまう自分がいました、それで嫌になりました。


Commented by skimama at 2009-01-23 12:25
恥ずかしい・・・この感覚が時代と共に失われたのか?親は子へ何を?
国内でもいたるところで目にします。
見ていて恥ずかしくなるほうがおかしいのか?
確実に何かを失いつつあるわが国、むやみな苛立ちの、理由のない事件、
バイキング形式のレストランで、自分でとったお料理、平気で残す親!
あ~、どうしてこうなってしまったのだろう?
Commented by takoome at 2009-01-23 15:49
サワディ〜カ〜  skimamaさん
こうしてその片鱗を見ながらその内、私の知らない日本になってしまうと思ってる。
悲しいって思ってるうちはまだ、希望があるのかもね、
あぁ、ダメ、こんな風に書いているとネガティブになってしまう。

こっちにいる私の若い友人達はそんなことが無いです。彼等に期待しましょう、
みんながみんな、そぉじゃない。


Commented by yukiwaa at 2009-01-23 22:57
恥を知っているのが日本人でした。麻生さんも恥を知らない。何時からこんな日本人が増えたのか?官僚が「渡り」で退職金を12年で4億もらう・・そんなに国民が働いた血税を欲しいのか?卑しいなぁ・・だから外国人から見たら「日本人はエコノミックアニマル」なんて言われたんやなぁ。
早く政権交代してほしい!まずはそこから変わらないと何も生まれないような気がする。
何かがおかしい。。。^^^
Commented at 2009-01-23 23:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takoome at 2009-01-23 23:49
サワディ〜カ〜  yukiwaaさん
政権交代しても・・・・・どぉにもならんのと違うんかなぁ、
あんまり今の日本ことも知らんけど、「恥」を知ってる人が減ったんやし、しゃぁないわ、
日本から出て誰にも守ってもろてないから言えるのかも知れんけど、それに、いつまでこの生活が維持出来るのかわからんけど、私等、誰にも依存出来へん。
それに比べて日本は依存型の人が多いゎ、そやから大人しい人が多い。
我慢してぶっちぎれて、って言うのと違って、我慢するが納得してが足らん過ぎるように思う。
納得出来るように動かなあかんと思う。私はそこからかわって来るんとちゃうかなぁ。
Commented by takoome at 2009-01-23 23:51
サワディ〜カ〜  鍵コメさん 
1/12に出しました。どうも、郵便局までは早く着くようですが、
そこから先が時間がかかっているように思います。