Tangled with・・・・・

この世は美しい命だけではダメなようです。


d0042827_2252085.jpg

今日のお客様です。
この子が産まれ出る前にいっぱい頑張ったお父さんとちょっと関わりがありました。
やっと生まれで一ヶ月です。

「桜」といいます。彼女にはもう一つ名前があります。......ダメだ思い出せない。タイの名前です。

この子を自分の子どもと認知するためにお父さんは大使館に何度も足を運びました。日本人になるのは大変、
お母さんと結婚するのはもっと大変なんだそうです。タイの書類には「中国籍」と書かれていますが、そこには籍がないのです。ない以上、いない人なのです。実は彼女の両親はミャンマーからとか、
・・・・・・・? ややこしい。
でもちゃんと「桜」を産んで育てています。お乳が出ないとゆう悩みも誰とも変わりません。

一頻り日本のお爺ちゃん、お婆ちゃんに送る「桜」の写真を撮りました。でも「桜」は寝てばかり、
勿論首も座ってなくって、なれないお母さん、父さんが抱いて首があっちにごろん、こっちにごろん、
結局、仕舞いまでちゃんと起きてくれませんでした。


今のこの子には国籍なんて関係ないんです。うんと寝て、ミルク飲んで、大きくなっとくれ、

当分の心配はお父さんの仕事です。

どうか、しっかり大きくなれますよぉに...........





クラクラどころではなかった日。3時間後、エアコンのお陰で30度になってたけど、
夕方、部屋の中は36度もあった。

そんな中、スズは伸びてしまって、カカは悲鳴を上げていた。
[PR]
by takoome | 2009-05-08 22:17 | 今日のタイ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://takoome.exblog.jp/tb/9700789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2009-05-08 23:59
なんとかなればいいなあ。
役人!かんがえろ!
Commented by takoome at 2009-05-09 00:19
サワディ〜カ〜  佐平次さん
ここの役人も頭が固いと相場です。人ごとなので誰も親身にはなってくれないらしい。
と色んな話を豚汁食べながら聞かせてもらってました。 
きっとお父さんがなんとかします。ちょっとボ〜っとしてるけど、桜の事となると頑張ります。
Commented by handachin at 2009-05-09 10:36
桜ちゃんにも、お父さん、お母さんにも頑張って欲しいですね^^
国籍、なかなか厄介な問題ですね。

Commented by takoome at 2009-05-09 21:30
サワディ〜カ〜  はんだちんさん
少子化の日本なのに、日本人を増やすのは嫌らしい。
どんどん産んで,どんどんお父さんに頑張ってもらって新しい命を増やしましょう。
Commented by mother-of-pearl at 2009-05-10 16:32
国と国の間に、線を引いた人・・・・・・誰だろうね?

大空を飛ぶドラゴンも、毎回、この線引きで、冷や水を浴びせられますよ。

子供の将来のためには、解決しなければならないこともありますね。
がんばれ!と応援するしかできないけど、せめて、明日は今日より
今日は昨日より、たくさんおっぱいが出ていますように・・・・。

・・・・初めの子は、特に大変なんだよね。
ママになるには痛いこといっぱいで。 
Commented by takoome at 2009-05-10 22:34
サワディ〜カ〜  民さん
線引きした人は欲の皮の突っ張った少数の人達です。そして,そのお陰で皆がしんどい思いをするのです。
子どもには全く預かり知らない事,だから、お父さん頑張ってなのです。
で,私に出来る事は豚汁だったり、写真だったりなわけです。
親がいないお母さんは初めての子の苦労を全身で受け止めています。私は自分の話をする事しか出来ません。
屁の突っ張りぐらいにはなると思いつつ..........

Commented by somashiona at 2009-05-15 08:43
うぅ〜ん、厄介な問題ですねぇ。
国籍に関して、特に日本は、厳しいですよねぇ。2重国籍認められないし。(これはとても不便)お父さん、頑張って欲しいです。
Commented by takoome at 2009-05-15 10:04
私達の国って...どんどん意固地になっていきますね、
この日、ふわふわ、ホワホワ感いっぱいあったのに、
お父さんが話し出すと真っ黒い排気ガスがブワッ、ブワッっと出てきました。
私でも息、苦しかったですよ、我が祖国ながら悲しい...
お父さんは今日も「ミルク」と「日本人」であるために頑張っています。