Tangled with・・・・・

2014年 08月 25日 ( 2 )

気になることを片付けた

今の家に引っ越して来た時に植えた10年以上経った観音竹が伸びてうっとおしく、切った。
若いのが出てるから こんもりコンパクト!

芝刈り機が入らへんとこで伸び過ぎた芝生を引っこ抜く。豆の苗も見えへんで2本、一緒にあの世へ、ご免!!

次、コンポスト。
最近温度が上がらんで、プラスチックケースの底がベチャッぽかった。なので、ちょっと、工夫した。
さて、この塩ビパイプ、仕事してくれるんやろか? ついでに、糠と刈った芝生もほりこんでみた。
d0042827_2055349.jpg


コンポスト仕事を始めだした頃、雨が降り出した。


買い過ぎてた豆処理、炒ってドンドン食べることに、まぁ、オナラがよぉでますけど 体にはええでしょう、
で、次の仕事は豆を炒る。
今晩のごはんはまたまた、炊き込み。炒った豆、ヒジキ、シイタケの粉末にりょうこちゃんが作って来てくれた貝柱。
なんやけど、茶色いなぁ。
d0042827_2132685.jpg



雨は上がって外は真っ暗、そろそろおかず、作らなね、


いやぁ〜、それにしても太極拳、おやすみの日は それに匹敵するぐらい汗、かいてますゎ、

ええことですけど、えらい汗臭い。
[PR]
by takoome | 2014-08-25 21:18 | 一言日記 | Trackback | Comments(0)

最近、考えることが多過ぎて・・・と,言い訳です

d0042827_15465832.jpg


朝の太極拳でも言われてる。「家でやってないやろ、猫の足!」とか、

三線に練習に行く途中「あっ!」 iPad忘れたし、工工四(クンクンシ、楽譜が入ってる)とか、

メール出しても、お伺いを忘れて追っかけてメールを出すとか、電話でも同じく、

そぉよ、お米送ってもろたのにその支払いを1週間も忘れてたりとか(今日、払い込んだからね、ごめんね!)

忘却の日々・・・・。

言い訳。
出来上がったシャツを渡した日、2枚、インパクト不足のためお残り。
そして、次の10枚がやって来て、そのことばかりを考えてる。

pcに向こても動物の骸骨検索とか、絵を描くとかで時間が過ぎる。

もっとも、ここ数日、出っぱなしってこともあるねんけども、

一旦、自分の中と部屋を整理してから次にかかろぉ。


**********
世間の騒がしさが半端無くって、私等一人一人が「渦中の人」やねんけど、自覚してない人多い。
と書いた自分は、さて、どこまで自覚出来てるのやら、

FBで「ゴラン高原にシリアからロケット弾が撃ち込まれた衝撃」ってぇのを読んだ。ちょこっと転記してみる。

イスラエルがシリアから占領しているゴラン高原に24日、シリアからロケット弾が撃ち込まれたと。

これが中東情勢に与える影響はいまのところ小さい。 世界にとって関心は少ない。 しかし、この報道は、日本にとっては衝撃的だ。

なぜか。

ゴラン高原には自衛隊のPKOが長年にわたって派遣されて来たからだ。 シリアのアサド政権が米国とイスラエルのコントロール下に置かれていたついこの前までは、ゴラン高原はもっとも安全な地域だった。

だからこそ日本政府はPKOとして自衛隊を送り続けてきた。 世界でもっとも安全なPKO部隊だと揶揄されながら。

つまり日本のPKOは、表向きは国際貢献ということになっているが、実際は安全なところにしか派遣しない自衛隊の海外ポストのようなものなのだ。

つまり、防衛省、自衛隊の利権なのである。

ところがいまやゴラン高原はシリア内戦の危険がおよぶ地域になりつつある。 そしてついにシリアからロケット弾が撃ち込まれるようになった。

ゴラン高原もまた予測不能な地域になったということだ。 ゴラン高原に派遣されている自衛隊PKOは撤収せざるを得ないだろう。

いや、既に撤収しているかもしれない。 メディアはゴラン高原に派遣されている自衛隊PKOの動向を報じるべきだ。

日本政府の対応を聞きただすべきだ。 そうする事によって日本の自衛隊PKOの正体がばれる。

他国のPKOは命がけで国連PKOに忠実であるが、日本のPKOだけは日本の都合を最優先して派遣されてきたという正体が明らかになる。

これが日本の自衛隊の国際貢献の実態である(了)天木 直人  外交評論家
[PR]
by takoome | 2014-08-25 16:00 | 一言日記 | Trackback | Comments(4)