Tangled with・・・・・

2017年 10月 01日 ( 1 )

蠅、次が蚊みたいな・・・ 悪しからず!

d0042827_14563494.jpg




d0042827_14561081.jpg



d0042827_14554027.jpg



d0042827_14555685.jpg

Day of one hundred and thirteen

キア オラ

朝、空が青い!って思て、よく見ると空はブルーグレーの雲が・・・・、若干、寒い。

ぼ〜っと外を見る。目の焦点がう〜んと近い所におおた。ガラス越しの目の前。

そぉよ、温度が低いから温ないガラスにじっとしてる虫、発見。

撮って見る。解像度が高ないし、ここに三脚、あったらなぁ、

きっと、こんな虫撮ってって思われるかもですけど、本人が氣に入ってますんで悪しからず!



天気はどんどん崩れて来た。

買いもんに出る頃には小雨、最中は大降り、帰って来て小雨から突風吹いて、今は風が強ぉて曇り。

布屋に行って来た。で、こぉた。

ハリネズミ布、ええなぁ・・・・日本製でした。

銀杏の葉みたいな模様、和多志のスカートにしょぉかな?

そろそろ、どこでも持って行ってる鞄がボロボロ、ついでに縫うてもええかな?


さて、執着を一個、捨てます。そぉです。例の靴です。どぉ見ても靴のクッションが半分以下。

下駄的ウォーキングシューズになって仕舞て、おおきにね!でした。



さて、この国にはマナがめっちゃ多い。さすれば、花の咲く数や大きさ、木が伸びる速さなども、納得や。

紫外線だけやないやろ、よぉは、自然の力に漲ってる。


マナ: 遍在する超自然的な力で、これを槍や網などの道具類、もしくは病気・疲労などで衰弱した人に
注入することによって、より望ましい状態に変化させることができると考えられている。
神秘的な力の源とされた”マナ”が、ラリーニーヴンの小説『魔法の国が消えていく』などにおいて
魔法の力の源とされた。そぉ、和多志はこれを読んで”マナ”を知り、存在を感じた。





[PR]
by takoome | 2017-10-01 16:11 | ぶらぶらカメラ | Trackback | Comments(0)