Tangled with・・・・・

2017年 12月 27日 ( 1 )

お陽さんに感謝

d0042827_20525923.jpg




d0042827_20531016.jpg




d0042827_21110799.jpg




d0042827_20535117.jpg

Day of two hundred and one

キア オラ

カメラ持って庭に出る。日差しがきついからええと思うゎ、

初めはガラスに付いてた小さい蛾をを撮った。

いっこもピントが合わへん。おかしぃなぁ、

和多志の目ぇが変なんか?


諦めて虫を捜してフラフラ。

木の名前は知らんけど、黄緑の肉厚大きめの葉にスケバハゴロモの幼虫がぐじゃぁと居った。

ここに降り注ぐ天然ライトが半端ない。嬉しい。

何方もお尻に毛を立てて、陽の光を浴びて七色に光ってる。それはそれは賑やか、

一匹、羽化したばっかりのもおったゎ。



午後、オークランドから小さき人二人、大きな人二人やって来た。賑やか。

和多志もおおたことがある人等や。

さて、お嬢、最初はビックリして泣いたけど、直ぐ慣れてた。

抱かれたお嬢は、走り回る小さき人達を上から目で追っかける、追っかける。

彼等の一人が泣いたら、お嬢も釣られて泣く面白い現象もあったゎ、

この後、彼等と和多志が抜けたこっちの彼等がビーチに、

ホッとした時間ですゎ、


帰って来たあっちとこっちの彼等は予定通り、バーベキューを始めた。

ばぁばと言われてんけど、へんや。

「和多志は おばぁ です」

こっちの彼等もニコニコと「そぉそぉ、オバぁやねん、」

直ぐに小さき人達と打ち解け・・・・過ぎた。

散々食べて、遊んで、走り回って、オバァの相手もしてもろて、クタッと寝て仕舞た。


その後は、大きな人達の飲めや食えやの宴になって、

その頃には、和多志の胃袋が満腹を通り越して、苦しくなってきた。

ちょい、酒も入ってたし、退散しましょかね、で、湯たんぽ用意して、

こっちは、それは湯たんぽ?な時期やから、ちょいと能書きたれてその場をさってんな、

その後、お開き。



明日はあっちとこっちの彼等はマウント マンガヌイ(230m)に登り、

和多志は魚釣りっちゅう話も出ているけど、どないなるんかは不明。

で、昼過ぎにビール工場見学に行ってビヤバーで飲めや食えや宴をやって終る段取りらしい。

さて、明日も忙しいなぁ、


あっ、昨日は雨、降って寒かってん、今日はええ天気になったけど、風は結構あった。

明日はどないなるやろか?



[PR]
by takoome | 2017-12-27 21:59 | 次から次 | Trackback | Comments(4)