Tangled with・・・・・

2017年 12月 28日 ( 1 )

奇遇

d0042827_19264958.jpg



d0042827_19270198.jpg



d0042827_19461319.jpg



d0042827_19271797.jpg



d0042827_19542216.jpg




d0042827_19273167.jpg



d0042827_19274374.jpg

d0042827_19280295.jpg




d0042827_19282758.jpg


Day of two hundred and two

キア オラ

残念ながら魚釣りとゆう話は消え、山登りになって、

小さき人達が歩けないだろう、お嬢を抱いて登るのは・・・、ちゅうことになって、軽くハイキング。

お嬢の目玉を撮ってみた。そぉか、こんな風に見えてるんかと納得。

1時間半、ゆっくり山の周りを回って、小さき人3才も、ほぼ、歩き切った。頑張ったなぁ、


ヨウシュヤマゴボウがあった。ビックリや、

調べてみたら、

北アメリカ、南アメリカ、東アジア、ニュージーランド起源の多年生植物やそうな、そっちに驚いた。


オニギリ食べてる後ろに鳥が居った。逃げへん。むしろ、寄って来る。

ファンテイルっちゅうらしい。撮ってみたけどボケボケや、鳥はほとんど撮らんからなぁ、


いろんな貝が取っても良いとか、けど、数が決まってる。アワビ何個とかそんなん、

岩場には魚釣りに貝取りの人、ビーチには勿論、泳いでる人、甲羅干しの人、足ってる人、いっぱいいてた。



午後はFunk Estateの工場の横にあるビヤバーへ、

オークランドゲストとその友達家族がやって来て、十数人の大きなテーブルになってんな、

ゲストの友達家族のお母さんが何と、瓢箪山生まれ。うわぁ〜〜〜

話してたら、同じ縄手北小学校行ってたって! 和多志よか2,3才お姉さん。

それに、学園前に住んで、彼女はその隣駅の富雄に今住んでる。

こっちは瓢箪山から学園前、結婚してもっと田舎に行ってんけど、えらい被ってる。

ニュージーランドの田舎のタウランガにあるビヤバーで・・・会うか?

向こうは4人の孫が居って、最近までバリバリ働いてた人や、そこらが違うけどな、

どこで誰に会うか解らんなぁ、

面白い。


と、すっかり疲れて仕舞た和多志でした。








[PR]
by takoome | 2017-12-28 20:16 | タウランガ 離れ小島的立地な家に住むお婆 | Trackback | Comments(2)