Tangled with・・・・・

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今日 

d0042827_1451092.jpg

ゆでアヒル卵とトアプー(日本では四角豆)入りのサラダ、バケットに炭酸。





d0042827_14111188.jpg
暑い。





d0042827_14113884.jpg
ずっとほってあった「おいしい牛蒡」の種を「土の袋」に巻いてみたら芽が出た。




d0042827_1413840.jpg
美味しい!と感じるには少な過ぎる実を食べた。




今日の午前中の出来事。

あぁ、部屋の中がぐちゃぐちゃや、片付けんと・・・・、
[PR]
by takoome | 2010-02-28 12:04 | 一言日記 | Trackback | Comments(6)

金曜日の午後、ぶらぶら・・・

「明日午後、バンコク大学で長谷川さんとゆう日本人のレクチャーがあるから、行かないか?」と誘われた。

彼女は「BACC(Bangkok Art and Culture Centre)」で「Trans-cool TOKYO Contemporary Japanese Art Exhibition」を引っさげて日本から来たらしい。
知らんかったけど、「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されたらしい。きっと有名なんやろぉ、
レクチャーは、この展覧会に出展されているアーチストの紹介と、金沢21世紀美術館、ローザンヌにある「スイス連邦工科大学ローザンヌ校ロレックス・ラーニング・センター」などの建築の紹介があった。

展覧会の作家達は有名な方々で、知ってはいたけど、私はとてもそちらに目が向く状況になかった。
そやね、最近やもんね、よそ見が出来るようになって来たんは、お蔭さまで、文化的な集いに参加出来て嬉しかったゎ、
その気持ちのまんま「BACC」へ行って来た。

名和 晃平さんの「PixCell - Deer #5」
d0042827_2274238.jpg
中の鹿は本物の剥製やって、
「ピクセルを通してしか物を見れないとゆうバーチャルな世界を表している」とゆう長谷川さんの説明に大きく納得。
他にも心動いた作品有り、また来よぉ、


d0042827_314173.jpg
このセンターの一階でタイの操り人形が上演されてた。黒子の衣装が素敵で見とれていた。電話が鳴る。館から出る。
この時点で既に6時。これから頼まれたノートを探しにふらふら、


d0042827_3143626.jpg
途中の広場で田舎の催し物。屋台も出ている。人はいっぱいで、それでもここを通り抜けなくては・・・・、
と、太鼓と踊りに少し見入る。お菓子を作っているのに見入る。いかんいかん・・・、

ノートを探す。見つからない。いつもの奴、いつもの奴、見つからない・・・・、あった!
電話が鳴る。晩ご飯の催促かいな、ちっ!

それでも、文房具屋に粘る。買いもせんのに納得するまで見て回る。

階下で王様プロジェクトの催し物が・・・、覗いてみると、いつもの値段よか高い。ボツ!
と、目の端に「ほおずき」が・・・、思わず買ってしまった。

外を見ると・・・・、日はとっぷりと落ちている。

映画の一本でも見よぉかなぁ、


あ、いや、レイジが待ってるゎ、もぉ、時間がないんや・・・・、

そぉ思った瞬間、気持ちは家の門の前やった。

文化的な集いに行って満腹して、作品も見て納得して、買いもんも済まして安心して、

ふと我に帰って慌てた夜でありました。

add
[PR]
by takoome | 2010-02-26 23:51 | ぶらぶらカメラ | Trackback | Comments(2)

新しい手帳兼日記帳兼落書帳


一年持ちませんでした。って、カバーが破れたとかじゃなく、白紙のページがなくなった。
新調したのは2009年の7月でした。

この引っ越し騒動で火がついて、浴衣を解いて手ぬぐいにしてたでしょ、その一枚を使いました。
古着で染みもあるけど、大好きです。
毎年進化し続けているこの帳面、傾向は一緒、手帳兼日記帳兼落書帳、
それにポケット二つ、表紙の前後に指し込み可。

出来立ては綺麗やなぁ、^^

既に書き込み始めています。持ち歩くのは3月一日。

d0042827_0543579.jpg





d0042827_0341539.jpg

覚えたい lyric が所々に張ってあったり、始めっから落書きがしてあったり・・・・、
一応、12月までカレンダーは作ったけれど、さて、いつまで使えるかなぁ・・・・
[PR]
by takoome | 2010-02-25 23:00 | 一言日記 | Trackback | Comments(10)

カメラねぇ......


d0042827_1325538.jpg




カメラを持って庭に出るといつの間にかコソコソと・・・、

観念させても、

d0042827_2173627.jpg



終には困ったちゃんになって逃げ出すのでありました。
d0042827_2175332.jpg





こっち、最近、無茶苦茶暑い。

エアコン28度設定でも凄い涼しい。。。。。
[PR]
by takoome | 2010-02-24 23:01 | 一言日記 | Trackback | Comments(12)

おかえり

d0042827_3213341.jpg


終に帰って来た東芝gigabeat、

もぉボロボロや、;;

どんなけ使たか知らんけど、よぉ働いたんやろなぁ、

私のとこに来て三ヶ月程でNZへ攫われて行ってしもたんやった。

兄さん、今度は iPod Touch やて、

この子、まだ壊れてへんのにね、

今度こそ、私のとこでゆっくり休憩しながら働いてもらいますゎ、

そやけど、これ、macやから音、入れられへんのよね、;;

しかも、30GBって、どんなけ・・・・・、
[PR]
by takoome | 2010-02-23 18:20 | 一言日記 | Trackback | Comments(0)

写してもらった

昨日、天使に会ったのはとあるBBQパーティーへ行く途中やった。

パーティーの前にサンシンの練習もここであって・・・・、けっこうさぼってて辛かった。;;


そのおウチの人LANDRYがAfghan cameraで撮ってくれるって?
ふ〜〜ん、ピンホールカメラなんか、へぇ〜〜、見たことないなぁ、面白そぉや、
d0042827_0185167.jpg




こんな感じです。
d0042827_032214.jpg




NYからエニウェイズ君(彼方でサンシンをしいている人)が今年もやってきたり、
チェンダオとゆう所で今週末に「命の祭り」ちゅうのがあって、そこに出るバンコク4人娘のお披露目があったり、
ピアノとフルートの美しい曲が披露されたり、レイジもキーボード担いでやって来て、弾いたり歌ったり、
ハルのお母さんが歌ったり、誰かがハーモニカ吹いたり、ドビュッシーをごつい手で弾いてくれた人がいたり、
誰かと誰かと誰かと誰かがぶっつけで色んな楽器でカノンをコラボしたり、^^


天使のお蔭さまでのよい時間でした。
[PR]
by takoome | 2010-02-22 22:20 | 一言日記 | Trackback | Comments(10)

わからへんこと

d0042827_136578.jpg



私の横の空いた席にファラン(白人)の男の人がさっとやって来て大きな女の人を座らせた。

彼女は胸の辺りに何かを大事そうに入れていた。

ニッコリ笑った先には、ちっちゃい人がすやすや眠ってた。

思わず、^^目が合った。

「綺麗でしょ、月曜日に生まれたばかりよ、七日目よ」

本当に透けるように白い小さい人やった。


透けるように白い小さい人の名前は「ミッシェル・ガブリエル」ってゆうんやそうです。
その子を生んだ人は45歳で散々お医者様から脅かされたそぉです。
でも、大丈夫、私は何ともないし、この子も健康よ!ってニッコリ、
たった4駅の間やったけど、沢山、話したような気がした。

新米赤ちゃんのミッシェルは来週の水曜日に新米お母さんと新米お父さんとベトナムへ帰るらしい。

その間、別に取り立てて感情が大きく振動した訳でもないのに、私の目からじくじくと涙が止まらない。
どぉしたんかなぁ・・・・、

彼女が立ち上がったとき、何故か、”Thank you happy baby! ”と声をかけた。

新米お母さんは私にキスをしに戻って来て満面の笑みを浮かべて電車から降りて行きました。


今でも書いていると涙が出て来ます。

やっぱり、どないしたんやろか? 


わかりません。
[PR]
by takoome | 2010-02-21 23:57 | 心を語る | Trackback | Comments(14)

手ぬぐい

d0042827_2334183.jpg


浴衣を解いて、みんな手ぬぐいにしています。

手ぬぐいの大きさは決まっているらしいけど、解いた布から作るから規定の大きさにはならない。

袖で一枚ずつ、
前身ごろで二枚ずつ、後ろ身ごろで二枚ずつ、
おく身を真ん中ではいで一枚、
襟でハンカチサイズ一枚、

浴衣の時は嵩が高かったけど、手ぬぐいになってしもたらこんなに小さくなってしまう。

これはこれでしっかり働いてくれるんですけどねぇ・・・・
[PR]
by takoome | 2010-02-20 23:32 | 一言日記 | Trackback | Comments(4)

コップンマークナカ! 



今朝、朝帰りの子から貰いました。二人からってね、

ありがとう、 

d0042827_18254142.jpg




一日一個なら病気にはならんだろぉと・・・・、アドバイスも頂きました。^^


私の大好きなオリエンタルのシャンペンチョコレート、




後、14日間楽しめる。






こちら、シーチャン島 長編です。
[PR]
by takoome | 2010-02-19 18:34 | 一言日記 | Trackback | Comments(10)

28時間、かなり充実

部屋の窓を開けて荷物をだして薬をまいた。居てられへん臭さに鞄とカメラもってスタコラサッサ、(古かった?)^^;

知ってることは、シラチャとゆう港町から船で渡る島やとゆうこと、後は何とかなるやろ、うん、何とかなった。

順調に船に乗ったけど、計算外が・・・、左の腕が真っ赤に日焼け、風上に臭い兄ちゃん、;;

渡った先の港で単車のおばちゃんに声かけられた。
「単車のレンタル、どぉ?」「・・・10年、乗ってないで、それでもええん?」「あっ・・・・、私が運転するし」
おばちゃんは貸しロッジも持ってるそうな、二戸一、値切って550バーツ。一部屋代やから1人でも5人でも値段は同じ。
残念ながら水シャワーやったし、片付けてなかったしで、また値切った。

d0042827_3414645.jpg
荷物置いて「ラマ5世の別荘」やったとこへ行った。と、ここら辺まではこの島に来たことをちょっと後悔していた。



d0042827_3431399.jpg
夕方になって子供連れの親や爺さんがバラバラとこの公園の浜に集まってくる。
そして、ここで子供らが水遊びをしてるのを見ながら一日の出来事やら子供の健康のことやらを話してる。

何かね、ほのぼのやったゎ、優しい時間が流れてる。
時々、爺さんが大声で怒鳴ってたけど、大きい子と小さい子達の調整をしてる。
次から次に大人やら若者やら子供やら犬やらが来る。ええなぁ、
ずっといてたかったけど、お迎えが来た。朝からなんにも食べてなかったし、「刺身」って思てたし・・、
でも、魚を食べに来た日の遅い昼ご飯はただのタイのラーメン、晩ご飯はソムオー(ザボン)でありました。;;


d0042827_3441042.jpg
あまりの夜空の綺麗さにうっとり・・・・、でも、星音痴やから何が何だかわからない。;;
さて、夜8時、寝れるんか? とゆう疑問に答える間もなく深みに落ち込んだ。
時々、隣の子等が騒いでくれるから目が覚めるけど、それでもまたグ〜〜〜、


d0042827_3545410.jpg
朝、単車のおばちゃんは「既に魚は飯屋にあるからそっちへ行くか、寺に行くか?」と私を後ろに乗せて寺へ、
まぁ、この寺、ほとんど中国。神さんはみんな金色やったし、お布施した人の名前と金額を赤い紙に書いていっぱい張ったるし、



d0042827_3553422.jpg
その寺の前に真っ赤な建物、土産もんやのよぉな・・・・、いや、ちゃう。
中にベッドがいっぱいあって、婆ちゃん爺ちゃんがいてはる。・・・・ドネーション?「老人宮」???
「爺ちゃん、なんかゆうたはるわ、お参りしいって?」
話を聞いた。姥捨て山やないけれど、家族が有る無し関係なく、27人の年寄りがここに住んでるとゆう。
200バーツ、ドネイトとした。で、名前を書けと言われたので書いたら「中国人とちゃうんか」と・・、;;
管理人らしき爺さんが急にマイクを持って叫び出した。もぉ、私には何をゆうたはるのかわからへん。
兎に角、人が見るので早々に逃げ出した。



d0042827_356456.jpg
次に、念願やった「刺身」待ってた、待ってた、

何でセロリが付いてくるん? ボツ

何で醤油がどろどろでおかしいん? ボツ

しゃぁないわなぁ、ぱらぱらのご飯。 ;;

この島で刺身を食べるつもりなら、包丁とまな板と醤油を持参せなあかん。しかも、早朝のみ。

ちょい、唯一のビーチを覗いてから島を出る。来た道を引き返す。
確認してバスに乗ったけど、騙されてたんやな、各駅停車やったし・・・・、ガタガタの道やったし・・・・、

でも、私にはこの時間が必要やったんと違うかなぁって、何でか思いました。
短い旅やったのに、短なかったわ、

パタヤの沖、シーチャン島、観光には物足りません。でも、営みは素晴らしい。

一ヶ月、3500バーツで部屋をかすよ! 電気水道別で、だそうです。単車が乗れれは不便は無いです。
その気になられた方がいらっしゃいましたらご一報を! 単車のおばちゃん、紹介します。
d0042827_3563432.jpg

[PR]
by takoome | 2010-02-19 02:01 | | Trackback | Comments(14)