Tangled with・・・・・

トントントン・・・・えっ? ええっ!!

私は昨日のウサギの続き、ミシンをかけてた。家人も居てない。誰も二階に来るはずが無いのに・・・

トントントン  えっ? だれぇ〜

ドアを開けたらミンが立ってた。黒いプラスチックの板を持ってた。 ええっ!!! 

あのネバネバのねずみ取りにいつもやって来る奇麗な鳥がべちゃっとくっ付いてるやないか!

見たら生きてる。元気そうやけど どぉよ、観察してみた。 やってみよ、

ハサミ片手に新聞広げる。大手術の始まり始まり。

身を切らんよぉに羽を切って行く。足はもぉ、ベタベタで固まってるけど、口は達者。突っつかれるから未だ元気。
私の手もハサミもベタベタになった所でミンに持って来させた天花粉の登場。

唐揚げにする如く粉だらけ、ちょっとずつベタベタを取って行く。ヒヤヒヤしながら芦野べたベタを取る。

爪楊枝みたいな足やから直ぐに折れるでな、 出て来た出て来た、足が出て来た。

手術は20分で終了。小さな体でよぉ、耐えてくれました。生きてください。

立派な羽は切られて仕舞た。生き抜けたとしても当分って、多分、自然には戻られへん。



「シキチョウ」というて、奇麗な声で鳴くし、いつも外でお茶を飲んでたら近くまで来る。

オップはこの鳥を「根性悪鳥」とゆう。カボチャの種を干してたら盗みに来るし、何も無かったら糞ばかりするし、

そんな顔なじみの鳥やったんです。
d0042827_2063337.jpg


実際は
d0042827_2074316.jpg


そんなこんながありまして、今日はミンの12才の誕生日。これからタイスキに行ってきます。
by takoome | 2014-09-19 20:15 | 一言日記