人気ブログランキング |

Tangled with・・・・・

ぼじ教に嵌まる

d0042827_1158044.jpg


多分、これを読んでもわからん人が多いと思う。

てか、まず、そんなよぉけの人が読まへんから書いても良しとしょう、

随分前から知ってた「ぼじ石」を何の気の迷いか手に入れたんよ、

到底、ヒーリングとか、グラウンディング(大地との結び付き)とか私には手の届かん域や、

ま、騙されたと思てやってみた。

凸凹が雄石、スムーズなのが雌石、両方で仕事してくれはる。

まず、どっかの地べたに寝転がってるのを想像して、雄雌、別の手に乗せる。

ゆっくり息してそのまんま、


・・・・・・・何も起こらん。



目をつむってるんやけど、その時って、瞼の裏に光の影が見えたりするやんか、

その影が何や、コウモリの顔に見えた。(借り物)
d0042827_12152185.jpg


正しくこの顔、で、この口から光り輝くべ〜ロンが出たり入ったり、しかも、凄いスピード。

それと同時に、10g位(小指一節)のぼじ石が重くなり、金縛りのような(なった事ないからそんな感じかなと)

足首から暖かくなり体全体へ、体中にシールドが張られたみたいにポカポカ、頭、ジ〜〜ン、

パルスかなにかが凄いスピードで雄雌石の間で飛び交ってるみたいな感じ。やから、コウモリのべ〜ロン?

喉が異常に渇く。

多分、1時間近く。何や、さっと引いた。てか、強制終了っぽい終わり方、

何やったんや? 

面白い経験や、これが大地との結びつきなんか?

石が来てから毎日、寝る前にやってる。けど、いつも違う感じで体に広がってく。

ふ〜ん、地味な石やねんけどなぁ、仕事するんや!

自分の中で、ぼじ石とか、ぼじ教とか、ぼじるとか、新しい言葉が生まれてんな、



ぼじ石(ボージーストーン):
カンザス州のワイティゴ族(ネイティブアメリカン)の聖地で採れるヒーリンググッズ。
鉱物学的には、カンブリア紀中期(およそ5億年前)の海洋生物の化石が黄鉄鉱化したもので、
微量のパラヂウムを含む。

必ず男性石と女性石のペアで使用されます。欧米のヒーラーの間では非常に根強い人気があり、多くのヒーリングセッションで使用されています。この石は陰陽のバランスの取れたエネルギーを含み、体の適切な部位に置くことで体の歪みを整えたり、痛みを和らげる目的で使われるそうです。また現実と霊的な側面のバランスを取り、グラウンディングを助けるとも言われています。


そぉ、5億年前の石なんです。

友達にコウモリの話をしたら「な、あほな、気色悪いで!」ってゆわれたけど、

これを経験した後で、その人は「わかる、けど、私はコウモリやなかったよ」だそうな、
by takoome | 2015-11-23 12:46 | 心を語る