Tangled with・・・・・

ものすご満足したわ、HOKITIKA

d0042827_15230305.jpg



d0042827_15231434.jpg



d0042827_17225464.jpg



d0042827_15232555.jpg



d0042827_15233349.jpg



d0042827_15234383.jpg



d0042827_15235428.jpg



d0042827_15240980.jpg



d0042827_15242487.jpg



d0042827_15244133.jpg



d0042827_15245107.jpg



d0042827_15250340.jpg



d0042827_15251287.jpg



d0042827_15252451.jpg



d0042827_15253396.jpg



d0042827_15254147.jpg



d0042827_17435447.jpg



d0042827_18104961.jpg



Day of two hundred and fifty six

キア オラ

大いに納得出来た旅やったゎ、

目的有りきやし、カメラどないしょぉかなぁって、で、思い切って持って行かんかってん。

正解。写真撮ってる間無し。二日半、9 to 5(昔、何かこんな映画ありましたなぁ)みっちりさしてもらいました。

たまたまの安いチケットで飛べてん、で、あっちゃは天気が悪いって聞いててんな、

そっちゃの方に向うほどにええ天氣やんか、どないなってるん?

ま、夕方、宿にも着いて、「よぉ、来たでぇ〜」さっさと目的のスタジオ BONZ'N'STONZ に。

そんでさっさと段取りを付けてん。石の種類とか値段とかデザインとかな、

勿論、ネゴシエーションのためにもって行ったビールもしっかり働きましたで、

そこのスチーブさんに「ガイドのタンギさんから返事が無いねん」ってゆうたら、

「あの人、心臓が悪うてこの間、オークランドへ行ってたで、で、安静らしいわ」

ありゃぁ〜、作ったジン、持って来たに〜、ほな、皆で呑んでんか、



二日目の朝から始まる。 

絵ぇ描いて、石に写して、荒削り。中削り。ここまでは楽勝。ここからが大変や、

歯医者さながらのビィ〜〜〜〜ンッて歯ぁ削る奴で削ってく。その後は、気長に布鑢で磨き倒す。

どんどん細かいのに変えて行く。この段階で、右手の親指爪、深爪状態。

粗方、磨いてこの日終了。夕方、ビーチにポウナム探し。けど、雨降りや、

雨の中行って来た。ダンさんとジルさんの二人が連れてってくれた。この一夜で、前、シラウオくれたん、

1時間半、雨の中歩いたけど見つけられへんかった。ダンさんは見つけてた。で、それをくれてん。

おおきに、けど、なんで、靴の中がびしょびしょなん? 

ひょっとして、縫うたって、こおゆうことか、縫うたとっから水が染み込む。あかんがな、


三日目、みっちり氣張る。もぉ、何が何だかわからない。縦か横か、上か下か、朝か晩か、何処かもわからぬ。

フラフラや、予定よか3時間超過して出来上がった。がしかし、もういっこ、デカいのが・・・、

頑張るも、2/3あたりでスチーブさんが見るに見かねて、「休憩しぃや、やったるさかい!」

で、1/3、やってもろた。いや、もぉ、疲れたのなんのって・・・・、

ず〜っと機械と手で研磨作業。

今回は珍しい石アオテアメインで、翡翠ちょい。アオテアは柔らかく、深い緑になるほどに堅い。

晩ご飯、ダンさんとジルさんをGHに招待。ちゅうても、作るから10ドルで事足りる。楽しい時間やったゎ、

ええ友達ですゎ、


三日目、前日までにハァハァ言いつつ、スチーブさんに助けてもろて皆終った。

和多志のポウナムの細工。そこを若干、磨いてカービングちょいと。時間はかからへんかった。

今回わかったこと。ポウナムは地質学的にはネフライト・ヒスイ、真珠石、蛇紋石の三つに分けられる。

マオリはカワカワ(マオリハーブ)、カフランギ、ニャンガ、タンギワイ(意味:大きな悲しみから来た涙)に分ける。

最初の3つは玉石でタンギワイは宝石の一種やとか、最も、今のポウナムってヒスイってことになってるけどね、

で、ワタシが前回、拾た石は、タンギワイ(意味:大きな悲しみから来た涙)ちゅうポウナムやそうな、宝石やて、

出来たポウナムを皆持って荒れた海に行った。そぉやねん、嵐が来てて、どぉも満ち潮やってんな、

よぉ見ててんけど、意気なりデカいのがザブンと来て、靴が、

で、逃げてんけど、また、ザブ〜ンと襲われて仕舞て、今度はズボンの裾まで・・・・、;;

見てた人が「大丈夫か? ほんまにええんか?」どれほどやねんって思てんけどな、

靴も靴下も、ビチョビチョやんか、まぁ〜縫うたある靴やしな、しゃぁない。草履に履き替えてんな、

世話になった皆にお別れゆうてバスに乗る。バス、途中で1時間、立ち往生。嵐のせぇや、

けど、バスの運ちゃん、飛ばす、休憩時間はしょる、で、定時より5分遅れでネルソン到着。おおきに、


YHAネルソンのドミトリーは男女混合部屋で臭かった。今回は外れた。ちゅうても、一泊のみ。

朝のバスでネルソン→ピクトン→ウェリントン、ウェストコーストから外れると晴天。

バスの中ではずっと寝てたし、ピクトんでフェリーに乗る。前回とはちゃう会社で、今度は街中に着く。

で、この夜はウェリントン在住の人におおて晩ごはん食べて、面白い話を聞かせてもろた。


いつもとちゃうGHに泊って失敗。夜中までドイツ人若者が窓の外で騒いでた。参った。

ここも一泊、バスで約7時間半のはずが、嵐のお陰で道が崩れてて1時間余計に掛かって帰宅。

いやぁ、ゆっくりシャワーに入れてホッとしたわ、

と一気に旅を書いて仕舞た。

今、満足度高過ぎて、ちと放心状態。

今度はバンコクに帰る段取りや、船便高過ぎてどないしょう〜になってるねんけど、

シンギングボウルは何が何でも持って帰るけど、服とかは段ボールに詰めて置いて行くか、

常に問題は山積みやなぁ、



あ、そぉそぉ、グリーンストーンは体に、アオテアはこころに影響する石やそうな、

次回があるとすれば、オーソドックスにグリーンストーンの大物にするか、やっぱアオテアにするか?

けど、今、むっちゃ満腹やから考えられん。


[PR]
by takoome | 2018-02-20 18:49 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://takoome.exblog.jp/tb/26504428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mother-of-pearl at 2018-02-21 04:07
石を削る・・・・!!!!
なんと素晴らしい時間でしょう。
石、削れるんやね~!石に線画を彫るのが夢。
削るとこまでやってしまう蛸ちゃん、本当にすごい!!!

美しい形が心と身体を守って癒してくれそうですね。
おかえり!(^^)!
Commented by takoome at 2018-02-21 15:06
キア オラ  姉ちゃん
ただいま、久しぶりに作るのが疲れました。
翡翠の緑は体に、アオテアの水色系は心に作用するらとか。で、今回はアオテア中心。
黒緑の翡翠が堅く、薄い色になるほどに柔らかい。1個、黒緑が・・・手強かった。
忍耐強く、ひたすら削り磨く。納得の時間でした。
これって、チャンスさえあれば、きっと、誰でも出来ると思うゎ、