Tangled with・・・・・

シャワーの浴び方、和多志の場合

d0042827_00274742.jpg
最初、シャワーの入り方と書いて うん? ちゃうなぁ〜、浴びるや、そぉや!

シャワーの浴び方、和多志の場合。

用意:重曹を1/4カップに自家製リキッドソープをちょいと、カップ半分のぬるま湯。

これをボディータオルにちょいちょい付けて体中を洗う。シャワーで流す。

つるっつるになるねん。氣持ちええ。


塩の用意:海塩を急須にちょっといれて、鼻うがい用。

体液と同じ位の塩分やったら、鼻うがいもいっこも痛ないよ、

岩塩がええとおもうねんけど、なかなか手に入らんし、

そ、海塩にはマイクロプラスチック入りやけど、しゃぁない。

塩をちょいと手に取って、まず、首からしっかり優しくマッサージ。

最も、何所から洗ても同じやけど、意識して隅から隅までゆっくりゆっくり、

シャワーで流す。


鼻うがい:片方の鼻の穴に急須の口を差し込む。右なら頭を左に傾ける。

薄い塩水を流し込んだら、反対の鼻の穴からたらたらと出て来る。

ちょいと上向いたら、喉の方まで流れて、ガラガラペッが出来たりする。


思い出、昔、多田羅潤とゆう俳優さんの健康法とゆうのをTVで見た。中学生の頃かなぁ、

鼻うがい、茶碗に湯を入れて両方の鼻の穴からすすって、口から吐き出してた。

今でもその映像が焼き付いてる。やってみた。鼻が痛くてとんでもな話やと思た。

今の和多志にはこれ無しではやってられへん。


最後に歯磨き。例のあれ、アクアフロスで歯に詰まったもんを流して歯ブラシで洗う。

終了。

髪の毛は体と同じ、重曹+若干の自家製リキッドソープで洗髪。

コンディショナーは使わず、酢リンス、洗い流して終わり。 


こんなんやから、風呂場はスッキリ。ええことやと思てます。



一言:日本語受業、男3人女一人。まぁ、騒がしい。
   さすがにそろそろカタカナで名前が書ける様に・・・・なってきたかな?






[PR]
by takoome | 2018-07-06 00:47 | 生きるを思う | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://takoome.exblog.jp/tb/26967795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yukiwaa at 2018-07-06 07:48 x
うーん!
そろそろ、長風呂は、しんどいので、
簡単にはいろうーとおもいました、
重曹はあるけどーここまでは、実践できないけどー、気持ち、良さそう
Commented by takoome at 2018-07-06 15:49
サワディ〜カ〜 yukiwaaさん
体は夏でも暖めた方がええよ、のぼせん程度にね、

重曹活用は和多志も最初はちょっとづつ、今ではなくてはならんもんになりました。
洗濯にも、野菜洗いにも、勿論掃除にも使うし、優れもんです。
それから「出来ない」は言わない様に、和多志には「したくない」と聞こえますので、
悪しからず、

投函時にダブルクリックして無いか、同じコメント続き、今までに何べんも有るで、
Commented by yukiwaa at 2018-07-06 17:27
めまい続くと気が弱なります。
行動が制限される。一回めまいすると1週間なおらんようになってきました。点滴も、薬も効きません。

携帯からの投稿の時になります。気をつけます。
Commented by takoome at 2018-07-06 22:35
> yukiwaaさん
体が不調やと氣弱になるよね、
氣ぃつけな〜