Tangled with・・・・・

日本・最終三日間(長編)



何年振りって言えない。
高校の頃、時々来た。 長子卒園時にデズニーランドへ・・・以来、なし。

どきどき・・・・

またまた、世界を駆け回っている素敵な人たちに会った。
ほんと・・・ドラゴンの貫禄!
洒落たお店で時間の経つのを忘れた。
しかも蕎麦のガレットなんて初めてだったし、タイにないし・・・・ ^^
至福の塊もらったし・・・・・ ありがと、

迎えてくれた友の部屋。戦後まもなく建ったとゆう、
もっとも、海外に出ている時もあったけれど・・・・、そうだまた、出るんだった。

聞きしに勝る・・・・素敵なアパート。
d0042827_14472940.jpg
d0042827_144743100.jpg
d0042827_144835.jpg
化粧して地上に降りてくる友。

七日目
きょろきょろと銀ブラもしました。 欲しかったトートバックの高さに目玉が吹っ飛びました。
が、タイバーツに変換すると・・・・・それもありだなと思わなくもなく。いえ、思わない。

d0042827_14562739.jpg

そして「雷門」が見たいよぉ!
何? 三社祭・・・・、 ほぉ、沖縄に続き「祭り」だ!
明日も来るぞ!!!  てか、明日しかこれないし・・・・


有楽町の高架下で飲む、食う。
d0042827_14591168.jpg

d0042827_1505491.jpg
隣の人達、ちょっとたるかった。


八日目
宅急便が来ない。トランクを成田まで送るのさ、今回は素晴らしい。
20KGを切って日本に入り、20KGを超えずに日本ら出る。
でも、海老センだの長崎皿うどんだの草だの手荷物が増えたし・・・・

浅草へ向かう。
d0042827_1553958.jpg
呪い、唱えていただきました。

d0042827_1561334.jpg
次男が「まるで中国・・・」って、そぉやよ、中国人やったよ、




d0042827_157147.jpg
 粋なのに携帯は・・・・
d0042827_1574042.jpg
 ねぇ、やめよぉよ・・・
d0042827_1581678.jpg
 だめだって、
d0042827_1584410.jpg
 やめれって!!

日本の携帯は文化を壊します。


裏にかわいいお稲荷さんがありました。
d0042827_1513633.jpg

d0042827_1514472.jpg



花屋敷あたりって、怪しいものが売られています。
そんな中にこんな人形もあるやも知れません。
d0042827_15175214.jpg
普通のお店の中でこんなのが動き出したら、びっくりするやん、
そぉやねん、いてはってん。 死ぬほどびっくりしてん。

「あら、ごめんなさい」  って言われてもぉた・・・・


ま、三社祭の写真はいっぱいあるのでここら辺で、また別にアップしましょうね、



お仕舞いの東京の夜、人に会って、また別の人に会って、また会って・・・・

お気に入りのこの子達に別れを告げました。
d0042827_15251849.jpg




早朝、東京を発ち・・・・
d0042827_15291278.jpg
ジャンピーの花の香りに迎えられました。
[PR]
# by takoome | 2008-05-18 15:32 | | Trackback(1) | Comments(14)

日本・四日目と五日目



富士山は私を歓迎してくれたのだろうか? 顔出してくれんかったし・・・・・

おなかがすいた私を「富士宮焼きソバ」を食べるべく友が走ってくれた。
が・・・・・、どこも休み「焼きソバ」定休日ってあるらしい。

ので、アジの開き、お手製行者ニンニクいり入り味噌付き冷奴、味噌汁など、用意してくれた。
腹いっぱい。

間なしに食い物攻撃!
d0042827_13374326.jpg
d0042827_133808.jpg
d0042827_13381741.jpg
d0042827_13383114.jpg
d0042827_13384568.jpg

幸せ者だす。私・・・・・
ここのお母さんの作るシラスと三つ葉の掻き揚げは絶品、


酒のあてにと川海老を取りに富士川へ・・・・ものすごぉ寒かったです。
d0042827_1345996.jpg
水の中へは入れません。
d0042827_13441633.jpg
酒で〆て・・・・
d0042827_13444139.jpg
美味しかったし、皆であっとゆう間に食べちゃった。血糖値が・・・・・なんて考えんかったゎ、


五日目、清水も定休日多し、なので焼津。
台風が来てるって・・・・苦悩海岸かい?いえ、久能海岸  何せ cool なもんで・・・
d0042827_146695.jpg
地元はいいなぁ、いつでも来れる。


海鮮丼、やっつけた。ごはんちょこっとで、刺身、でっかっ!
またまた、至福の時を過ごした私。 太ったじゃん、


春ジオン、ないのよ、タイ。 
d0042827_1485177.jpg



予定通り、スミレや蕗、花しょうぶ、苗を掘り起こし、密輸の用意完了せし!


ふむ、食い気ばかりで色気が足らぬ!





最終地、東京。
[PR]
# by takoome | 2008-05-18 14:17 | | Trackback | Comments(6)

日本・三日目


ご存知、京都タワー、下から見ただけ!
d0042827_11523525.jpg



d0042827_11525693.jpg
m(__)m字、まっすぐじゃないし・・・・

修学旅行生が多いのは昔から、
8年いない間に変わってしまったのか? 浦島花子にはわからなかった。
市バスの車中でお弁当を食べてはってん、しかも二組も・・・・、友いわく、見たことないよ、
外人さんの観光客ですわなぁ・・・・
高校生の子がアヤトリ・・・・・? これってトレンディ~なのかとっても興味がありました。
おばちゃんは持ち前の「ばいたりてぃ~」を発揮して聞いてみました。

一瞬怯んだ彼は、おばちゃんに負けじと態勢を立て直し、
「流行ってないでぇ、髪の毛くくるゴムやん、 手遊び、手遊び」 
「そぉか、びっくりしたやんか、ほな、あんたらが流行らし、いつまでもぼけんよぉに手遊び!」
「おばちゃんもしぃや、」
「はいよ!」
阪急電車京都線河原町プラットホームにての会話でした。



d0042827_12101886.jpg

十年ぶりに建仁寺へお里帰りした 「風神・雷神」 見てきました。
これは写真をとってもいい「似非風神・雷神」 
ギリギリだったので、最後は追い出されてしまいました。^^


d0042827_12103114.jpg

その後、歌舞練場近くの三味線やで話し込み、あっち、こっちと寄り道をして南座前、

写真、ずれている・・・・



d0042827_12104827.jpg

友の住む仕舞屋で待っていてくれたのは、彼女の友が作ったとゆうこのお酒、
そしてタイから持参のスパイスで 「蟹ならぬ海老のパッポンカレー」

酒盛りは続き、夜は更けた。


この写真もずれている・・・・


次の日、急に用事が出来た友は私を亀末廣とゆう和菓子屋へ送って行ってくれた。

目的 『京の土』 に出会うこと。

d0042827_12272975.jpg

麩菓子なのです。 私には説明しがたいのですが・・・・
この御菓子に「はじめまして」はここ 「グンジ家の食卓」 ここです。
私の写真は・・・・・彼女の足元の地面の下の方です。



その後、富士山の麓に向かうのでありました。
[PR]
# by takoome | 2008-05-18 13:21 | | Trackback | Comments(0)

日本・一日目と二日目



2年前、4月の桜真っ只中でした。滅茶苦茶寒くなりました。
今年、5月です。 また寒いのです。

ってことで決定いたしました。

 私って、COOLなのです。 

意味が随分変わってしまいますので、決して日本語に訳さないでください。 ^^


金曜日、奈良・・・・銀行や郵便局へ、時間かかりました。
中国から日本へ帰ってきたばかりの友に会いました。結婚してからずっと中国、
今は新婚のような日本だそうです。イイナァ~

d0042827_12511216.jpg
実家は新興住宅地の端っこで村の中を通ります。

憎たらしい爺の顔を拝ませてもらい、あっちはあっちで憎たらしい娘って・・・・
思ってんだろうなぁ、

二日目、おまけに雨まで降り出したさ、
d0042827_12583811.jpg
そぉさなぁ、この木も40年は経つなぁ・・・大好きなアケビ棚、今年の実は少なそぉ、 

大阪に出て初めての人に会い、話しながら歩く。 
三味線屋、うどん屋、ヨバシカメラ・・・・ねぎ焼きにビール。
一日なんてあっとゆう間、



d0042827_1352927.jpg

家に辿り着いて見上げたら・・・・・ あぁ、この子・・・
元気にまだ働いてくれていた。 父にあげたつもりもないけれど、返してもらうつもりもない。
歓迎されるところで働き続ければいいことだ。 生を受けて二十年か・・・・


ガーベラ持って母に会って来た。 いい加減に爺さんを許してやってくださいな、




じゃ、行ってきます。


次、京都です。
[PR]
# by takoome | 2008-05-18 13:19 | | Trackback | Comments(4)

生前贈与



大年寄りのパーカー万年筆。

d0042827_2358571.jpg




高校生の時、父から貰って、大学時代、親父に奪われた。

「書きやすい」とゆうことを教えてくれた万年筆だった。



父の横に座って 「ちょうだい」

「・・・・・・ あかん、 やるのは惜しい」

「使ってないんでしょ、 ちょうだいよ」

「・・・・・・ 惜しい」


言葉足らずは親譲りだったようですが・・・・・


次の朝、父がほんとうに惜しそうにくれました。  
三十数年のギャップをどぉ埋めようか、



長い間使っていなかったらしく、ギシギシ感あふれていました。

感謝!




日本滞在中、睡眠不足。参りました。

今日はこれでおやすみなさい。
[PR]
# by takoome | 2008-05-18 00:16 | 一言日記 | Trackback | Comments(6)